米海兵隊スカウトスナイパー教官が教える「カモフラージュ」解説映像

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
アメリカ海兵隊スカウトスナイパーのカモフラージュ技術を紹介する動画が公開された。
動画では教官が下記のことを解説している。


A screenshot from DVIDS


A screenshot from DVIDS
・顔にカモフラージュペイントを塗る際は、窪んだ部位に明るい色を、膨らんだ部位に暗い色を塗る。
・潜伏地点の植生と同じ植物を切り取って身に付ける。
・植物を切った形跡で見つかることを防ぐため、潜伏地点ではなく、離れた場所で植物を切り取る。
・銃に偽装素材や植物を取り付ける際、排莢や装填、セレクターなど、銃の作動や操作が妨げ無いようにする。
・銃の作動や操作により、偽装素材や植物が動かないよう取り付ける。
・シューティンググラスや金属部品など、光が反射しないよう注意する。
・ヘルメットの形状など、人間の輪郭を消す。
・背景に溶け込める色や形に偽装する。

以上のアドバイスが動画では述べられているが、カモフラージュ技術で意識するべき要点は基本的に9つあり、下記のとおりである。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    A screenshot from DVIDS
    ①色:周囲の環境の色に合わせた偽装をする。
    ②形:人間の輪郭を消す。周囲の植物の葉などの形と大きく異なる偽装素材は使用しない。
    ③動き:周囲の色に溶け込んでいても、動くことで目立ってしまう。動く際は注意が必要。
    ④陰:物陰に入ることができれば目立たないうえ、日光などで影ができることを防げる。
    ⑤反射:レンズや金属など、光が反射する物に注意。反射光は非常に目立つ。
    ⑥光:物陰や暗闇などに潜んでいても、ライトを使うと見つかるリスクが高い。ライトの誤点灯やタバコに注意。
    ⑦音:視覚的に完ぺきな偽装をしていても、不用意に音を立てると危険。金属部品の当たる音や、無線通信などに注意。
    ⑧臭い:周囲に存在しない臭いで存在がバレる恐れがある。香水やオナラ、食料などに注意。
    ⑨跡:足跡、植物の不自然な変形、落とし物など、存在を示す形跡に注意。

    以上の点に注意することで、より効果の高いカモフラージュを施すことが可能となる。
    カモフラージュ効果が高ければ、敵に見つかる可能性は低くなり、命を危険にさらす可能性も低くなる。

    Text: ムッシュ・コナギ - FM201712

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス法執行機関向けGlock17ピストルとUMPサブマシンガンの購入契約
    アメリカ陸軍 催涙ペイント弾を撃ち出して暴徒を鎮圧する「VKS」の購入契約を締結
    フランス軍の新型歩兵装備
    アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始
    米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表
    アメリカ空軍がサバイバルキット用自動小銃GAU-5/Aを刷新
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス法執行機関向けGlock17ピストルとUMPサブマシンガンの購入契約 (2018-07-18 12:15)
     アメリカ陸軍 催涙ペイント弾を撃ち出して暴徒を鎮圧する「VKS」の購入契約を締結 (2018-07-18 11:16)
     フランス軍の新型歩兵装備 (2018-07-17 12:50)
     アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始 (2018-07-12 13:33)
     米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表 (2018-07-12 13:23)
     アメリカ空軍がサバイバルキット用自動小銃GAU-5/Aを刷新 (2018-07-11 11:59)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop