セミオートvsフルオート いつどちらを使うべきかを教えてくれるアメリカ海兵隊の公式動画が公開

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
弾倉まるまる1本を撃ち切るようなフルオート射撃には迫力があるがこれはいったいどれほど有効なものなのだろうか?銃器・射撃に関する様々な疑問に答えるアメリカ海兵隊の公式動画シリーズ「Gunner Fact or Fiction」の最新作では、フルオート射撃とセミオート射撃はどう使い分けるべきかを考えている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    動画中では様々な距離からフルオート射撃、セミオート射撃を行い、その結果を比較している。近距離では大きな違いはないが、80m程度の中距離から弾痕は左上に跳ね始めており「近距離の遭遇戦ではフルオート射撃に利点もあるが、ある程度優位をとった時は攻撃的(Aggressive)なセミオートに切り替えるべきだ」とまとめている。

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海軍特殊部隊SEALが洋上作戦の過渡期に使用する『ビヨンド製Rig Lightジャケット&パンツ」×313セットを調達
    米海軍SEALs用に開発された寒冷地向けウェットスーツ用のコーティングシステム
    米陸軍の要人警護用新型サブコンパクトウェポン(SCW)候補に新たに3機種が追加
    敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海軍特殊部隊SEALが洋上作戦の過渡期に使用する『ビヨンド製Rig Lightジャケット&パンツ」×313セットを調達 (2018-06-25 18:35)
     米海軍SEALs用に開発された寒冷地向けウェットスーツ用のコーティングシステム (2018-06-25 11:42)
     米陸軍の要人警護用新型サブコンパクトウェポン(SCW)候補に新たに3機種が追加 (2018-06-25 11:22)
     敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝 (2018-06-19 16:08)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発 (2018-06-18 22:20)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop