NEWS

米海兵隊が歩兵用自動小銃IAR1万1千丁購入の情報提供依頼書を発行

海外軍事

Image courtesy of United States Department of Defence
先日、海兵隊が全員にM27 IARを配備した実験部隊を訓練に投入したというニュースをお伝えした。海兵隊全軍で小銃を更新する動きのあらわれであると考えられたが、それを裏付けるかのように海兵隊がIAR 1万1千丁の購入に関して情報提供依頼書(RFI)を発行している。

参考:アメリカ海兵隊がM27 IARを新制式小銃として導入試験中 - ミリブロNews
RFIは正式な見積もりの依頼ではなく、市場の概況をざっくりと知りたいという要望を表すもの。H&K社社製M27 IARは高性能ながら非常に高額なためこれに代わるIARの候補、あるいは低コストで調達できる方法を探しているのではと推測される。

Source: RFI M67854-17-I-1218 for Infantry Automatic Rifle - Federal Business Opportunities: Opportunities

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201702
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
Andres Industries製の超小型サーマルイメージャー+ヘッドランプ「TILO-3」
米陸軍がM2重機関銃とMK19自動擲弾銃を1つに合体させた武器を計画。軽量版M2計画も再始動か
米海兵隊が2020年代初めにピストルの更新を計画。陸軍のSIG P320に追従か?グロック19は評価予定なし
初めてのSEALs出身提督、リチャード・ライオン元海軍少将が93歳で死去
伸ばすと7メートルの棒になる小さなロールマット「RolaTube」を使用したアンテナを米陸軍がテスト中
カナダ陸軍が「C21」として制式化される新たなマルチキャリバー式スナイパーライフルを取得へ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 Andres Industries製の超小型サーマルイメージャー+ヘッドランプ「TILO-3」 (2017-02-23 18:46)
 米陸軍がM2重機関銃とMK19自動擲弾銃を1つに合体させた武器を計画。軽量版M2計画も再始動か (2017-02-22 17:47)
 米海兵隊が2020年代初めにピストルの更新を計画。陸軍のSIG P320に追従か?グロック19は評価予定なし (2017-02-22 13:47)
 初めてのSEALs出身提督、リチャード・ライオン元海軍少将が93歳で死去 (2017-02-21 19:49)
 伸ばすと7メートルの棒になる小さなロールマット「RolaTube」を使用したアンテナを米陸軍がテスト中 (2017-02-21 13:47)
 カナダ陸軍が「C21」として制式化される新たなマルチキャリバー式スナイパーライフルを取得へ (2017-02-21 12:00)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop