NEWS

米海兵隊が歩兵用自動小銃IAR1万1千丁購入の情報提供依頼書を発行

海外軍事

Image courtesy of United States Department of Defence
先日、海兵隊が全員にM27 IARを配備した実験部隊を訓練に投入したというニュースをお伝えした。海兵隊全軍で小銃を更新する動きのあらわれであると考えられたが、それを裏付けるかのように海兵隊がIAR 1万1千丁の購入に関して情報提供依頼書(RFI)を発行している。

参考:アメリカ海兵隊がM27 IARを新制式小銃として導入試験中 - ミリブロNews

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    RFIは正式な見積もりの依頼ではなく、市場の概況をざっくりと知りたいという要望を表すもの。H&K社社製M27 IARは高性能ながら非常に高額なためこれに代わるIARの候補、あるいは低コストで調達できる方法を探しているのではと推測される。

    Source: RFI M67854-17-I-1218 for Infantry Automatic Rifle - Federal Business Opportunities: Opportunities

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201702
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)
     サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像 (2017-10-17 12:07)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop