NEWS

アメリカ海兵隊、陸軍とのM855A1弾共用に「耐久性に関する問題」ありと証言

海外軍事

Photo Credit: Courtesy photo
同じ5.56mm口径ながら、アメリカ陸軍と海兵隊は違う設定の弾薬を使用している。当然これを用いる銃器の設定も違っており、調達コストを押し上げていることが議会でしばしば取り上げられている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from U.S. Marine Corps
    先日行われた軍予算に関する公聴会でもこの問題は取り上げられた。海兵隊側の責任者は陸軍の使用しているM855A1弾薬への切り替えについて「アフガニスタンに派遣中の部隊にはM855A1が配備され、よい結果をもたらしている」としながらも、M27 IARでの使用において「耐久性に関する問題」が未だ解決していないと答えた。

    M27とM855A1の相性については、装填不良を解消するためにマグプル社のポリマー弾倉、PMAGの全面採用が行われるなどの試みがなされているが、全面的な解決はまだ先のようだ。

    Source: Marine Corps Will Likely Adopt Army 5.56 Rifle Round, General Says

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201706
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop