NEWS

アメリカ海兵隊 バックパック用樹脂フレームの新型を2018年から配備開始

海外軍事
アメリカ海兵隊が現在使用しているFILBE(Family of Improved Load Bearing Equipment)パックの樹脂製外部フレームは2011年ごろに採用されたが、2013年には空挺降下訓練中に少数の破損、そして2015~2016年にノルウェーで行われた寒冷地訓練では、低温や温度変化による破損が報告されている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    今回の改良では素材が変更され、強化されている。そのタフさは、こちらの公式動画で紹介されている通り。トラックに引き摺られたり、高所から落下したり、ライフルで撃たれても十分に機能している。

    新型パックフレームは2018年から配備予定。旧型フレームには「使用期限」が切られ、経年劣化による破損を防ぐとしている。

    Source: Marine Corps to deliver reinforced pack frames as early as 2018

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201709
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop