NEWS

米海兵隊が『長距離スナイパーライフル用ナイトサイト』取得に向けた情報提供依頼を発出

海外軍事

Official U.S. Marine Corps photo by Cpl. Michael Petersheim
This photo is for illustration purposes only.
米海兵隊システム司令部(MARCORSYSCOM: Marine Corps Systems Command)が、連邦調達規則第10項に基づいて『長距離スナイパーライフル用ナイトサイト』取得に向けた情報提供依頼を発出した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    倍率に合せてレティクルの大きさが変わる「ファーストフォーカル(FFP: First Focal Plane)」式5-25x56mmデイスコープの前にクリップオン搭載する形状が指定されており、主に『Mk13 MOD7』長距離スナイパーライフルとの運用が明記されている。また、M110 SASS(Semi Automatic Sniper System)、M40A6、M107 SASR(Special Application Scoped Rifle)、5-25x56mm Mk13デイオプティック、12-40x60mmスポッター用観測スコープ(SSOT: Scout Sniper Observation Telescopes)といった「スカウトスナイパー」用ウェポンシステムとの互換性が求められている。
    本体重量は4ポンド(=約1.8キログラム)以下とし、距離800~2,000メートルの範囲で如何なる照明下においてもマンターゲット(ヒト型目標)の識別がおこなえなければならないとのこと。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop