NEWS

米海兵隊が2018会計年度に次世代型の個人携行用浄水システム「IWPS II」を配備

海外軍事

Photo By: Sgt. Amber Blanchard
米海兵隊は、遠征展開時における兵士の飲料水確保を狙って、新たに個人携行型の浄水システムを配備する予定にある。

関連記事:
汚水から飲用水へ、浄化システムが取り付けられたキャメルバックの新製品

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    「IWPS II(Individual Water Purification System Block II)」と名付けられたこのシステムは、これまで海兵隊全体で利用されてきたハイドレーションシステムのアップグレード版に位置付けられているもの。

    現行システムは2004年に配備が進められており、飲用水の確保が難しい、襲撃や偵察をおこなう小規模部隊で使用されていた。そして飲用直前には、ウィルスを除去するために専用の浄化剤を使用し、15分ほどの時間を要していたが、今回のIWPS IIではその必要が無くなっている。

    IWPS IIのシステムは、至ってシンプルなもので、病原性の微生物を有効に除去する内部カートリッジが使用されており、現行ハイドレーションシステム/ポーチに直接取り付けるか又は、飲用水に対して直接ストローのように差し込むという使い方になっている。

    水を浄化しながら運搬を容易とすることで、小規模ユニットを展開する上で欠かせない飲用水の確保が開発における最大の焦点となっていた。

    IWPS IIは、2018会計年度に海兵隊での配備が予定されている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    アメリカ陸軍がチタンパーツで3割軽量になったM2重機関銃を製造中
    アメリカ海兵隊、陸軍とのM855A1弾共用に「耐久性に関する問題」ありと証言
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)
     アメリカ陸軍がチタンパーツで3割軽量になったM2重機関銃を製造中 (2017-06-21 18:34)
     アメリカ海兵隊、陸軍とのM855A1弾共用に「耐久性に関する問題」ありと証言 (2017-06-21 17:28)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop