NEWS

米海兵隊が2018会計年度に次世代型の個人携行用浄水システム「IWPS II」を配備

海外軍事

Photo By: Sgt. Amber Blanchard
米海兵隊は、遠征展開時における兵士の飲料水確保を狙って、新たに個人携行型の浄水システムを配備する予定にある。

関連記事:
汚水から飲用水へ、浄化システムが取り付けられたキャメルバックの新製品
「IWPS II(Individual Water Purification System Block II)」と名付けられたこのシステムは、これまで海兵隊全体で利用されてきたハイドレーションシステムのアップグレード版に位置付けられているもの。

現行システムは2004年に配備が進められており、飲用水の確保が難しい、襲撃や偵察をおこなう小規模部隊で使用されていた。そして飲用直前には、ウィルスを除去するために専用の浄化剤を使用し、15分ほどの時間を要していたが、今回のIWPS IIではその必要が無くなっている。

IWPS IIのシステムは、至ってシンプルなもので、病原性の微生物を有効に除去する内部カートリッジが使用されており、現行ハイドレーションシステム/ポーチに直接取り付けるか又は、飲用水に対して直接ストローのように差し込むという使い方になっている。

水を浄化しながら運搬を容易とすることで、小規模ユニットを展開する上で欠かせない飲用水の確保が開発における最大の焦点となっていた。

IWPS IIは、2018会計年度に海兵隊での配備が予定されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
Andres Industries製の超小型サーマルイメージャー+ヘッドランプ「TILO-3」
米陸軍がM2重機関銃とMK19自動擲弾銃を1つに合体させた武器を計画。軽量版M2計画も再始動か
米海兵隊が2020年代初めにピストルの更新を計画。陸軍のSIG P320に追従か?グロック19は評価予定なし
初めてのSEALs出身提督、リチャード・ライオン元海軍少将が93歳で死去
伸ばすと7メートルの棒になる小さなロールマット「RolaTube」を使用したアンテナを米陸軍がテスト中
カナダ陸軍が「C21」として制式化される新たなマルチキャリバー式スナイパーライフルを取得へ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 Andres Industries製の超小型サーマルイメージャー+ヘッドランプ「TILO-3」 (2017-02-23 18:46)
 米陸軍がM2重機関銃とMK19自動擲弾銃を1つに合体させた武器を計画。軽量版M2計画も再始動か (2017-02-22 17:47)
 米海兵隊が2020年代初めにピストルの更新を計画。陸軍のSIG P320に追従か?グロック19は評価予定なし (2017-02-22 13:47)
 初めてのSEALs出身提督、リチャード・ライオン元海軍少将が93歳で死去 (2017-02-21 19:49)
 伸ばすと7メートルの棒になる小さなロールマット「RolaTube」を使用したアンテナを米陸軍がテスト中 (2017-02-21 13:47)
 カナダ陸軍が「C21」として制式化される新たなマルチキャリバー式スナイパーライフルを取得へ (2017-02-21 12:00)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop