NEWS

「我々はロックバンドではない」― 厳格な米海兵隊で再入隊の進路を阻む「タトゥー」

海外軍事

Photo By: PAO
"Tattoos could hinder your career path"
米軍のタトゥー規則(Tattoo Regs)が、再入隊を希望する退役軍人の大きな障壁になっていると、マリーン・コー・タイムズ紙(Marine Corps Times)が報じている。

タトゥー規則は米四軍ごとに異なっており、海兵隊が最も厳格な内容となっている。各軍は規則のガイドブックをリリースしているが、陸軍の 2 ページに対して海兵隊は 32 ページにおよび、詳細な説明文の他にカラー写真や図解、印刷して使用する二種類の測定ツールを掲載している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    近年、若年層のタトゥー人気を考慮し、米四軍は規則の修正に着手している。海兵隊が 2016 年 6 月 2 日に発表した改訂版は、以前より緩和した内容となった。


    Image from U.S. Marine Corps

    ― 米海兵隊のタトゥー規則の大まかな内容 ―
    ●禁止箇所は、頭部、首筋、口内、手、手首、膝、肘
    ●体力訓練用ユニホーム(Tシャツと短パン)から露出しない範囲はOK
    ●士官より下士官の方が緩い規定
    ●帯状図柄の最大幅が2インチから3インチに緩和
    ●禁止図柄は、性差別、ヌード、人種差別、下品、攻撃的な内容、など国民に不信感や失望を与えるモノ

    関連記事:
    刺青規則を改定した米海軍
    米陸軍、タトゥーや女性のヘアスタイルに関する規則を改定

    分隊支援火器射手(マシンガンナー)として 2012 年にアフガニスタンへ赴任していた元海兵隊員のブライアン・ダヴェンポート氏は、2015 年に再入隊を志願したが‟ふたつのタトゥーが大きなひとつのタトゥー”と見なされて入隊を拒否されたと語っている。その時の担当官に「退役軍人であることは関係ない。我々は進化した海兵隊だ。」と言われたことで、‟海兵隊は戦闘経験者を評価しない”とダヴェンポート氏は悟り、その二日後に陸軍へ志願し入隊を果たした。

    また、米海兵隊特殊作戦コマンド (U.S.MARSOC)に所属していたマシュー・マーティン氏は、タトゥー規則によって海兵隊キャリアを不当に終わったと思っている。能力主義を信条として約 15 年間務めたが"平時の海兵隊は最悪だ"と語り、2013年に海兵隊を去った。 

    マリーン・コー・タイムズ紙は彼らの他にも、タトゥーを理由に再入隊を拒否された退役軍人の声を紹介している。海兵隊によると、2015 年 6 月からの一年間で 14,000 件以上の再入隊希望があったが、このうちの 33 件がタトゥー規則に違反しており入隊を拒否したとのこと。

    タトゥー規則について海兵隊司令官ロバート・ネラー将軍は、「私たちはロックンロール・バンドではない。 私たちは海兵隊員である。 私たちはブランドを持っている。 人々は海兵隊に期待している。海兵隊員が法執行官として再就職することはよくあるが、その志望者のタトゥーの有無は各機関ごとで厳しくチェックされている。今後、規則をさらに緩和する計画はない。」と語っている。

    Text: 弓削島一樹 - FM201709

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像
    「キリスト教を捨てて改宗せよ」IS戦闘員に斬首されそうな一家を英軍SASスナイパーが1Km先から救助
    UAEが『ブラックウォーター』に訓練された傭兵を投入し「カタール」侵攻を計画か。ホワイトハウスにより白紙撤回
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)
     サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像 (2017-10-17 12:07)
     「キリスト教を捨てて改宗せよ」IS戦闘員に斬首されそうな一家を英軍SASスナイパーが1Km先から救助 (2017-10-16 18:03)
     UAEが『ブラックウォーター』に訓練された傭兵を投入し「カタール」侵攻を計画か。ホワイトハウスにより白紙撤回 (2017-10-16 13:17)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop