NEWS

アフガニスタンに展開した米軍特殊部隊は6ヶ月間で2,000回以上のミッションを実施

海外軍事 Comments(0)

Photo by Sgt. 1st Class Silas Toney
This photo is for illustration purposes only.
米軍特殊部隊がアフガニスタンで関与した作戦回数が、6ヶ月間で2,000回を超えていたことが分かった。
これは国防総省が1日付で発出した「アフガニスタンにおける安全保障と安定の強化」と題した資料の中で明らかにしたもので、6月1日から11月24日までの期間において、特殊作戦統合任務部隊(SOJTF-A: Special Operations Joint Task Force-Afghanistan)内の戦術指南などで2,175回、また現地治安特殊部隊に混ざって261回の動的攻撃をおこなっていたことが示されている。
これら特殊作戦の多くは、ISIS-K、タリバン、ハッカニネットワークといったテロ指定組織への対策として実施されている。一方、アフガニスタンの治安特殊部隊においては、2,628回の作戦をおこなっているものの、単独での遂行は地上作戦×453回、空からの攻撃×456回だった。

またアフガニスタンに限らず、アフリカや中東、アジアに跨りテロ組織との戦いの為、文字通りの「引っ張りだこ」になっており、オバマ政権下の2016年では世界196ヶ国中の138ヶ国への展開だったが、今や戦史で新記録となる149ヶ国にまで拡大している。

関連記事:
特殊作戦の需要急拡大で疲弊する米軍精鋭隊員。SOCOMは「栄養補助食品」「薬物」の利用で急場しのぎを模索か

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop