NEWS

米特殊部隊が国産の「空飛ぶバギー」スカイランナーの取得に関心

海外軍事 Comments(0)
米国ルイジアナ州シュリーブポートに本拠を持つ創業 3 年の若い企業、スカイランナー (SkyRunner) の手掛けるオフロード・バギーに、特殊部隊の関心が寄せられているという。

関連記事:
フランス軍特殊部隊が開発に協力した「空飛ぶバギー」が軍用・民間向けで各国に販売

Photo: SkyRunner
同社の手掛けるスカイランナー・ヴィークルは「オフロード・エアクラフト」という稀有なカテゴリーに属し、翼の付いた大きなパラシュート (parafoil) によって、最大 10,000 フィート (=約 3,050 メートル) の上空を飛行できる一方で、陸上では最大時速 70 マイル (=約 113 キロメートル) で駆け抜けることを可能としている。価格は 139,000 ドル (=約 1,400 万円)。


Photo: SkyRunner
スカイランナーに転機が訪れたのは 2016 年 6 月。車輌が連邦航空局 (FAA: Federal Aviation Administration) の認可を経て以降、その存在を聞き付けた特殊部隊コミュニティーからのアプローチを受けたという。

具体的な内容については言及を避けながらも、ビジネスインサイダーの取材に対して同社は、「特殊部隊がスカイランナーについて関心を持っており、口約束を預かった」と明かしている。主に偵察や回収任務に供される見込み。

SkyRunner's Urban Combat Center


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催
次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か
オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延
米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画
近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
 ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催 (2018-09-14 12:19)
 次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か (2018-09-12 16:44)
 オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延 (2018-09-12 14:10)
 米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画 (2018-09-11 14:32)
 近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始 (2018-09-07 17:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop