NEWS

米国が世界中のテロリストを「駆除」する特殊部隊の創設を検討か

海外軍事 Comments(0)

U.S. Army Photo by Staff Sgt. Osvaldo Equite/Released
This photo is for illustration purposes only.
ある情報筋によると、アメリカ政府は、秘密裏に世界中のテロリストを「駆除」する特殊部隊の創設を検討しているらしい。構成員は特殊部隊経験者で構成される組織のようだ。
このような組織を作る背景は、ISの本拠地であるモスルの陥落により、行き場を失ったテロリストたちが難民を装って(必要な書類を準備したり難民の振りの訓練までして)、ヨーロッパだけでなくアメリカ本土にも侵入しようとしているためである。

このような「手の込んだ」やり方は、従来の特殊部隊では対応できない。そのため、特殊部隊と地方法執行機関、諜報部などをパッケージ化した部隊を創設するのである。

以前は、諜報部門と軍事組織が情報を共有して活動していたため、時間がかかり、適切な対応をとることができなかった。このような「ハイブリット司令部」により、テロ対策がいっそう効率的になるだろう。

しかしながら、この新しい組織の規模や必要な人員が決まっておらず、当面の間、組織間の摩擦が発生することが考えられる。

Text: 友清仁 - FM201612

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop