NEWS

米空軍が特殊なドローン捕獲用のショットガンシェル「スカイネット Mi-5」を購入

海外軍事 Comments(0)

Photo from ALS
米空軍のライフルサイクル管理センター(AFLCMC: Air Force Life Cycle Management Center)は1月31日、フロリダ州テイラー郡に本社を置くALS社(AMTEC Less-Lethal Systems, Inc.)から、12ゲージショットガンに対応するスカイネット(SkyNet)Mi-5シェル×600発を調達。その評価試験を実施し、購入する計画にあることを発表した。

関連記事:
対ドローン装備のDRONEGUNが製品化、発売開始か
スカイネットMi-5シェルには、5つの金属片が仕込まれており、それぞれの金属片は高強度のコードによって円形に繋がれている。発射と同時にこれら金属片が分離し、投網の要領で上空を飛行するドローンの捕縛をおこなうというもの。

簡単・手軽に入手ができる小型の家庭用ドローンを使った爆発物・危険物運搬などの脅威に対抗することが挙げられる。

Advanced Ballistic Concepts Presents Skynet™ Drone Defense™

40㎜グレネードランチャー対応の場合は、直径9フィート(=約274センチメートル)に、12ゲージショットガン対応の場合は、直径6フィート(=約183センチメートル)に広がる。

U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Damon Kasberg/Released
This photo is for illustration purposes only.
空軍は、レミントン社のModel 870ショットガンを利用するとしており、テストの結果が良好であれば、改めて6,400発の購入をおこなうようだ。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop