NEWS

米空軍が特殊なドローン捕獲用のショットガンシェル「スカイネット Mi-5」を購入

海外軍事

Photo from ALS
米空軍のライフルサイクル管理センター(AFLCMC: Air Force Life Cycle Management Center)は1月31日、フロリダ州テイラー郡に本社を置くALS社(AMTEC Less-Lethal Systems, Inc.)から、12ゲージショットガンに対応するスカイネット(SkyNet)Mi-5シェル×600発を調達。その評価試験を実施し、購入する計画にあることを発表した。

関連記事:
対ドローン装備のDRONEGUNが製品化、発売開始か

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    スカイネットMi-5シェルには、5つの金属片が仕込まれており、それぞれの金属片は高強度のコードによって円形に繋がれている。発射と同時にこれら金属片が分離し、投網の要領で上空を飛行するドローンの捕縛をおこなうというもの。

    簡単・手軽に入手ができる小型の家庭用ドローンを使った爆発物・危険物運搬などの脅威に対抗することが挙げられる。

    Advanced Ballistic Concepts Presents Skynet™ Drone Defense™

    40㎜グレネードランチャー対応の場合は、直径9フィート(=約274センチメートル)に、12ゲージショットガン対応の場合は、直径6フィート(=約183センチメートル)に広がる。

    U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Damon Kasberg/Released
    This photo is for illustration purposes only.
    空軍は、レミントン社のModel 870ショットガンを利用するとしており、テストの結果が良好であれば、改めて6,400発の購入をおこなうようだ。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop