NEWS

特殊作戦軍に女性兵士がいなくなる?:米空軍

海外軍事

TACP candidates train at Hurlburt
U.S. Air Force photo/Senior Airman Naomi Griego
Image is for illustration purposes only.
オバマ大統領が行った「偉業」(?)のひとつが、女性兵士の戦闘部隊への配属を法制化したことである。この法制化により、陸海空・海兵隊のさまざまな分野・部隊で女性兵士の登用が行われた。

関連記事:
米陸軍レンジャースクールで女性 2 人が史上初の卒業。海軍特殊部隊 SEALs でも女性に門戸開放を検討
米海兵隊特殊部隊 MARSOC の選抜過程に 1 名の女性志願者が踏み止まる

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    アメリカ空軍のエアマン(CCT、PJ、TACP,気象予報官)の分野にも女性登用が行われ、18名の女性兵士が訓練課程へ進むことを検討し、2名が実際に志願した。2名は、「私は最初の女性TACPとなる訓練に参加できることを誇りに思います」。とコメントしていた。


    U.S. Air Force photo/Tech. Sgt. Cecilio M. Ricardo Jr.
    Image is for illustration purposes only.
    しかしながら、2名のうち1名は、訓練課程に入る前の身体的・精神的チェックで不合格となって原隊へ戻され、のこり1名も7月の訓練で負傷し、現在は訓練に参加していない。(訓練課程には残っている)

    これで、エアマン養成課程に女性兵士が事実上いなくなった。

    もちろん、空軍では引き続き女性兵士の志願者を募っているが、トランプ次期大統領は、戦闘部隊への女性兵士の参加に反対の姿勢をとっており、将来的に、女性のCCT、PJ、TACP,気象予報官が誕生しない可能性もある。

    Text: 友清仁 - FM201612

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する
    「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは?
    作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」
    ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される
    ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」
    フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する (2017-08-18 12:01)
     「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは? (2017-08-18 11:42)
     作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」 (2017-08-17 07:11)
     ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される (2017-08-17 06:53)
     ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」 (2017-08-17 06:38)
     フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画 (2017-08-17 06:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop