NEWS

アメリカ空軍がサバイバルキット用自動小銃GAU-5/Aを刷新

海外軍事 Comments(0)
撃墜された際、救助が来るまで敵性勢力や野生動物から身を守るためのAircrew Self Defense Weapon(搭乗員用自衛火器)いわゆる「サバイバルガン」について、アメリカ空軍が更新作業を進めている。

特集:米軍特殊部隊 ― 空軍特殊部隊 AFSOC 特殊戦術部隊(Special Tactics)編 - ミリブロNews

ベトナム戦争時と同じ「GAU-5/A」の型番をつけられたこの自動小銃は、空軍内でM4A1自動小銃に改修キットを組み込んだもの。現在週に100丁のペースで生産されている。

TROYから空軍用XM177E2「GAU-5A/A」が新製品として発売開始 - ミリブロNews
サバイバルガンは射撃訓練をあまり受けていないパイロットでも簡単に操作できなければならない。そして何より、狭いコックピット内に収納できるようコンパクトでなければならない。新GAU-5/AはA-10、B-1、B-2、B-52、F-15C、F-15E、F-16、F-22といった戦闘用航空機のサバイバルキットコンテナ(約40×36×9cm)に、弾倉4本と一緒に収められるよう。色々な工夫がなされている。

まず、グリップは折りたたみ可能なFAB Defense製のAGF-43S。

そして、Cry Havoc社製のクイックリリース銃身システムが組み込まれ、簡単に分解して収納することが可能である。

QRB Pack Rifle Quick Release Barrel Kit AR-15 - YouTube

Source: The Air Force is arming pilots with this longer-range, stand-off rifle to use if they’re ever shot down
USAF's New GAU-5A Aircrew Self Defense Weapon - The Firearm BlogThe Firearm Blog

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201807
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop