NEWS

米軍史上初、空軍が地上展開する精鋭隊員の効率的な育成を狙った専門の訓練グループ (BA TG) を発足

海外軍事

U.S. Air Force photo by Senior Airman Colville McFee
Image is for illustration purposes only.
6 月 2 日、米空軍が特殊作戦の展開をする中で、地上での重要な役割を担う精鋭隊員の合理的な養成を見据え、新たな教育訓練部隊を始動させた。米軍史上初の試みとなる。


Photo: Staff Sgt. Marissa Garner
テキサス州サンアントニオのラックランド統合基地に司令部を置く、第 37 訓練航空団 (37th Training Wing) には、その隷下に下記 5 つの BA 訓練スコードロンを今夏終盤にも発足する。

* 350th BA TS, initial entry course, JBSA-Lackland, Texas
* 351st BA TS, pararescue training course, Kirtland Air Force Base, N.M.
* 352nd BA TS, combat control/special operations weather training course, Pope Army Airfield, N.C.
* 353rd BA TS, tactical air control party training course, JBSA-Lackland, Texas
* Detachment 1, BA TG- training support squadron, JBSA-Lackland, Texas
これら戦場における空軍兵士の訓練グループ (BA TG: Battlefield Airmen Training Group) は、コスト削減が求められる一方で、高いレベルで要求される空軍精鋭兵士のパイプライン (選抜課程) に対して人材育成の効率化を図ることが狙い。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Michael Cossaboom
    Image is for illustration purposes only.
    BA 訓練には、常時 1,000 ~ 1,500 名の訓練生が日夜厳しい課程に臨んでいるが、それらをパスし晴れて精鋭の BA 隊員になるのは、僅か 20% に過ぎないとされる。

    こうした空軍において地上展開する精鋭隊員の中には、コンバット・コントローラーやパラレスキューマン、天候調査要員 (special operations weathermen)、戦術航空管制パーティー (TACP: Tactical Air Control Party) が含まれる。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)
     『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす (2018-04-13 20:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop