NEWS

米海兵隊・武装偵察部隊「フォース・リーコン」による派兵前訓練の映像が公開

海外軍事
米ノースカロライナ州キャンプ・ルジューンに司令部を置く、海兵隊・第2海兵遠征軍(2MEF: 2nd Marine Expeditionary Force)が、武装偵察部隊「フォース・リーコン」による派兵前訓練の映像を公開した。

訓練は11月28日から12月15日に掛けて、ジョージア州フォート・スチュワートで実施されたもので、第2偵察大隊のフォース・リーコンが参加。機動射撃訓練の他、夜間での偵察・監視任務を想定した訓練や、低照明下となった建屋内部への襲撃訓練で練度向上が図られている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    フォースリーコンは、本隊の移動に先駆けてその前衛に配置され、進行方面の状況を偵察しつつ敵を警戒する任務を請け負う「斥候(せっこう)」に特化した部隊。「特殊な作戦を遂行できる【一定能力】を持つエリート部隊(Special Operations Capable Forces)」ではあるが、「MARSOC」が「特殊作戦司令部(SOCOM)」隷下であるのに対して、フォースリーコンは純然たる「海兵隊」直下の部隊となることからも、一般的には所謂(いわゆる)「特殊部隊」のくくりにカウントされない。

    また、海軍特殊部隊シール(SEAL)との比較を受けることも多いが、シールが敵の「排除(殺害)」を目的とした実動部隊であるのに対し、フォースリーコンはあくまでも「情報収集」が主務となる点で異なる。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海軍特殊部隊SEALが洋上作戦の過渡期に使用する『ビヨンド製Rig Lightジャケット&パンツ」×313セットを調達
    米海軍SEALs用に開発された寒冷地向けウェットスーツ用のコーティングシステム
    米陸軍の要人警護用新型サブコンパクトウェポン(SCW)候補に新たに3機種が追加
    敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海軍特殊部隊SEALが洋上作戦の過渡期に使用する『ビヨンド製Rig Lightジャケット&パンツ」×313セットを調達 (2018-06-25 18:35)
     米海軍SEALs用に開発された寒冷地向けウェットスーツ用のコーティングシステム (2018-06-25 11:42)
     米陸軍の要人警護用新型サブコンパクトウェポン(SCW)候補に新たに3機種が追加 (2018-06-25 11:22)
     敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝 (2018-06-19 16:08)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発 (2018-06-18 22:20)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop