NEWS

米海兵隊が「F-35B」戦闘機搭載のガンポッドを使った初の地上実射試験に成功

海外軍事
米海兵隊は先週、メリーランド州のパタクセント・リバー海軍航空基地において、F-35B (BF-01)戦闘機に搭載される「ガンポッド」を使った、初の地上実射試験を成功裏に終えた。ビジネス・インサイダーが伝えている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    F-35 戦闘機の地上実射試験については、昨年 8 月にもおこなわれているが、こちらは空軍向けの「F-35A」型。今回おこなわれた海兵隊向け F-35B 型とは全く仕様の異なるものとなっている。

    関連記事:
    ロッキードマーティン、F-35A に搭載の 25mm 機関砲「GAU-22/A」の地上実射試験映像を公開

    空軍の F-35A の場合、25mm 機関砲 GAU-22 は機内に固定装備されているのに対して、海兵隊向け「F-35B」および海軍向け「F-35C」については、空母や揚陸艦からの発艦をおこなうことから、重量や燃料効率に配慮して、機外搭載オプションの 1 つとしてステルス性を備えた機関砲ポッドとなっている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop