M27IARをベースにしたアメリカ海兵隊の新型分隊選抜射手小銃「M38」が目撃される

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from USMC
アメリカ海兵隊では最近、分隊支援火器のM27 IARを全小銃手に配備する計画を進めている。先日は全員がM27 IARを装備した大隊が訓練に参加しデータを収集しているが、このM27 IARを狙撃用途に用いるM38分隊選抜射手小銃(SDMR)を用いた訓練の様子が公開された。

参考記事:
アメリカ海兵隊がM27 IARを新制式小銃として導入試験中

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    「第8連隊第3大隊がM27とM38の実弾演習を実施」と題して公開されている写真。外見はM27 IARと大きく変わっている部分はない。

    Photo from USMC

    訓練に用いられた銃のクローズアップ。M38 SDMRとしてNSN番号1005-01-664-8135で登録されているのがわかる(右側)。左側のCAGE番号「3HN73」は製造元のH&K社を表す。狙撃用に特別な改修がなされているかどうかは不明だが、パーツ番号「235683IAR」はM27 IARと同じであるので、少なくともこれをベースとして作られたものであることが分かる。

    Photo from USMC

    スコープはリューポルドTS-30A2 Mark 4 MR/T 2.5-8x36mm。エレベーションのタレットが弾頭重量77グレインのMk262弾用のものであることから、おそらく以前にMk.12 SPR(特殊用途狙撃銃)に用いられたものを転用したものと思われる。

    Photo from USMC

    同じ小銃で制式名を分ける理由としては、用途によって今後の補修の内容・手続きが変わるためと考えられる。なおM27 IARは第1海兵師団第7連隊第2大隊(2/7)が研究・開発に参加したため「27」とされた説があり、今回の訓練写真に写った部隊は第2海兵師団第8連隊第3大隊(3/8)であることから「38」もここに由来すると考えるのが自然だろう。

    参考記事:
    特集:H&K M27 IAR(歩兵自動ライフル)

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201801
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop