M27IARをベースにしたアメリカ海兵隊の新型分隊選抜射手小銃「M38」が目撃される

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from USMC
アメリカ海兵隊では最近、分隊支援火器のM27 IARを全小銃手に配備する計画を進めている。先日は全員がM27 IARを装備した大隊が訓練に参加しデータを収集しているが、このM27 IARを狙撃用途に用いるM38分隊選抜射手小銃(SDMR)を用いた訓練の様子が公開された。

参考記事:
アメリカ海兵隊がM27 IARを新制式小銃として導入試験中
「第8連隊第3大隊がM27とM38の実弾演習を実施」と題して公開されている写真。外見はM27 IARと大きく変わっている部分はない。

Photo from USMC

訓練に用いられた銃のクローズアップ。M38 SDMRとしてNSN番号1005-01-664-8135で登録されているのがわかる(右側)。左側のCAGE番号「3HN73」は製造元のH&K社を表す。狙撃用に特別な改修がなされているかどうかは不明だが、パーツ番号「235683IAR」はM27 IARと同じであるので、少なくともこれをベースとして作られたものであることが分かる。

Photo from USMC

スコープはリューポルドTS-30A2 Mark 4 MR/T 2.5-8x36mm。エレベーションのタレットが弾頭重量77グレインのMk262弾用のものであることから、おそらく以前にMk.12 SPR(特殊用途狙撃銃)に用いられたものを転用したものと思われる。

Photo from USMC

同じ小銃で制式名を分ける理由としては、用途によって今後の補修の内容・手続きが変わるためと考えられる。なおM27 IARは第1海兵師団第7連隊第2大隊(2/7)が研究・開発に参加したため「27」とされた説があり、今回の訓練写真に写った部隊は第2海兵師団第8連隊第3大隊(3/8)であることから「38」もここに由来すると考えるのが自然だろう。

参考記事:
特集:H&K M27 IAR(歩兵自動ライフル)

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201801
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている
米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開
FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売
米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
 先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている (2018-08-07 12:50)
 米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開 (2018-08-06 17:28)
 FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売 (2018-08-06 17:07)
 米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される (2018-08-06 16:45)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する
上の画像に書かれている文字を入力して下さい

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop