NEWS

米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表

海外軍事 Comments(0)
グロック社の中型拳銃、グロック19は海兵隊特殊部隊をはじめ様々な軍・司法執行機関で採用されているが、今回海兵隊は第4.5世代にあたるグロック19Mを一部部隊に2017年5月から配備されていたことを公表した。

関連記事:
MARSOC 制式ハンドガンを 9mm 口径の「グロック19」に一本化へ - ミリブロNews
今回配備されたグロック19Mはいわゆる司法執行機関向けモデル。フィンガーグルーブの無いフレームやフレアしたマグウェル部分など、その後リリースされた第5世代モデルと多くの特徴が共通している。先日FBIが調達した際に、同時発注をかける形で配備までの時間を短縮したという。

関連記事:
法執行機関向け「グロック17M」の写真がリーク - ミリブロNews
グロック社・フレーム形状を一新した「第5世代」のグロック17・19を発表 - ミリブロNews

このグロック19Mは「M007(エムダブルオーセブン)」の制式番号が与えられ、現在憲兵の犯罪捜査ユニットや、大統領をはじめVIPを移送するヘリコプター部隊HMX-1の要員など、コンシールキャリーが必要な人員に支給されているという。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201711
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍特殊部隊向け「分隊照準レーザー(SAL)」にL3インサイト提案の『NGAL』が採用
米空軍の開発したスマホ用アプリ『BATDOK』を医療メーカーのフィリップス社が商品化
韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍特殊部隊向け「分隊照準レーザー(SAL)」にL3インサイト提案の『NGAL』が採用 (2018-09-26 12:37)
 米空軍の開発したスマホ用アプリ『BATDOK』を医療メーカーのフィリップス社が商品化 (2018-09-25 16:17)
 韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射 (2018-09-25 12:17)
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop