NEWS

米海兵隊の全隊員に「改良型戦闘ヘルメット(ECH)」が支給へ

海外軍事

Photo By: Jim Katzaman U.S. Marine Corps
This photo is for illustration purposes only.
米海兵隊システム司令部(MCSC: Marine Corps Systems Command)は9日、「改良型戦闘ヘルメット(ECH: Enhanced Combat Helmet)」の調達について、供給元であるジェンテックス社(Gentex Corporation)との間で、5,100万ドル(=約56億円)の契約を交わしたことを明かした。この契約によって、全ての海兵隊員に対してECHが行き渡ることになる。

契約は5年間に渡り、提起された予算内で必要な分を必要な時に納入する「ID/IQ(Indefinite Delivery / Indefinite Quantity)」方式でおこなわれる。

関連記事:
米化学大手 3M、米政府から 11 万個超の戦闘ヘルメット ECH を受注

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    現在までに海兵隊員はECHを含め、「軽量ヘルメット(LWH: Lightweight Helmet)」「先進戦闘ヘルメット(ACH: Advanced Combat Helmet)」と合計3種類の戦闘ヘルメットが支給されている。ECHについては2014年以降、ディプロイメント時に限って支給されてきたが、今回の契約を機に訓練時での利用も可能となる。また今後についても、一本化の方向で兵站面での効率化が図られる。

    ECHはこれまでスタンダードであったACHと比べて、重量こそほぼ同じながらも、防護力の向上が図られており、ライフル弾や猛烈な速度で飛翔する破片などから隊員の頭部を守ることができる。その防護能力は、広く米軍で使われてきたどのヘルメットをも凌駕するものであり、陸軍・海軍でも利用されている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍がボルテックス社製ショートスコープ「レイザーHD Gen II 1-6x24」×計8セット少数発注
    英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い
    スウェーデン陸軍が新たにエイムポイント製「CompM5」「MPS3」の調達を契約
    カナダ科学技術企業「マワシ(MAWASHI)」社が開発する近未来の戦術外骨格『UPRISE』
    ラトビアが米国の対外軍事資金調達計画(FMFP)を通じてポラリス社製ATV×62輌を受領へ
    名銃「ブローニング・ハイパワー」とうとう生産終了
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍がボルテックス社製ショートスコープ「レイザーHD Gen II 1-6x24」×計8セット少数発注 (2018-02-19 19:10)
     英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い (2018-02-14 14:03)
     スウェーデン陸軍が新たにエイムポイント製「CompM5」「MPS3」の調達を契約 (2018-02-13 19:36)
     カナダ科学技術企業「マワシ(MAWASHI)」社が開発する近未来の戦術外骨格『UPRISE』 (2018-02-13 18:50)
     ラトビアが米国の対外軍事資金調達計画(FMFP)を通じてポラリス社製ATV×62輌を受領へ (2018-02-13 18:22)
     名銃「ブローニング・ハイパワー」とうとう生産終了 (2018-02-13 17:35)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop