NEWS

米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出

海外軍事 Comments(0)

A screenshot from USSOCOM Office of Communication
米軍特殊作戦司令部(USSOCOM)が、隷下部隊の2018年度における実情調査書を発出した。12月1日付で作成されたこの資料には、四軍に跨る特殊部隊の大まかな構成と主要な装備品の簡単な紹介がおこなわれている。特殊作戦部隊におけるドクトリン(教義)や、貴重な精鋭隊員の育成への取り組みを表した標語、代表的なオペレーター像にも触れている。
フロリダ州タンパのマクディール空軍基地に本拠地を置く軍特殊作戦司令部は、本部内でおよそ2,500名、司令部全体で70,000名近い人員が従事している。現司令官はレイモンド・トーマス(Raymond A. Thomas III)陸軍大将。

次に四軍特殊部隊の実勢については、陸軍特殊作戦司令部が33,000名、海軍特殊作戦司令部が10,000名、空軍特殊作戦司令部が19,500名、海兵隊特殊作戦司令部が3,000名と記されている。

また、「特殊作戦部隊の真実」には以下の各項目が紹介されている。
・人材は機械設備(ハードウェア)よりも重要
・「質」は「量」にも勝る。
・特殊作戦部隊は大量に生み出すことができない
・緊急事態が発生した後に有能な特殊作戦部隊員を生み出すことはできない

続いて、代表的な精鋭オペレーターの例として以下の内容が挙げられている。
・既婚者で2名の子持ち
・平均年齢は下士官が29歳で、士官は34歳
・一般目的部隊で8年間のキャリアを持つ
・文化や言語に関する訓練を受講している
・複数のタクティカルスクールに通っている
・チェスのような問題解決を必要とするゲームを楽しむ
・大学で学位取得の教養を持っている
・水球や陸上、レスリング、フットボールを嗜む


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop