NEWS

USSOCOM「高初速の40mmプログラマブル・空中炸裂弾」の情報提供を呼びかけ

海外軍事

Photo from U.S. Army
アメリカ特殊作戦司令部が高初速の40mmプログラマブル・空中炸裂弾(High-Velocity 40mm Programmable Airburst High Explosive Ammunition)について、情報提供を呼びかけている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    要件としては、遮蔽されていないターゲット、軽車両など遮蔽物の後ろにいるターゲット、あるいは無人航空機などに対し効果のあるもので、現行のMk.19やMk.47といったオートマチックグレネードランチャーから発射できるものとしている。

    Mk.47では内蔵の管制システムとプログラマブルなMK285を組み合わせた空中炸裂が可能であるが、今回USSOCOMはレガシーなシステムをサポートするよう求めている。

    こちらはラインメタル社が開発した、発射後に赤外線ビームを発して信管をプログラムするというシステムである。USSOCOMは今回おそらく、弾頭だけでなくこうした火器管制システムすべてを含めた事情を探ろうとしているものと思われる。

    Rheinmetall 40mmx 53 HV Airburst Munition - YouTube

    Source: High Velocity 40mm Programmable Airburst High Explosive Ammunition - H92222-17-RFI-High_Velocity_40mm_Programmable_Airburst_High_Explosive_Ammunition - Federal Business Opportunities: Opportunities

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201709
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始
    米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表
    アメリカ空軍がサバイバルキット用自動小銃GAU-5/Aを刷新
    試練のHK社。ベルリン警察向け『SFP9』×24,000挺の大型採用案件に重大な欠陥が指摘
    米移民税関捜査局(ICE)がM4ライフルの配備を2倍以上に増強へ
    無人機の動作を妨害できる対ドローン用ウェアラブルジャマー「PITBULL」
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始 (2018-07-12 13:33)
     米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表 (2018-07-12 13:23)
     アメリカ空軍がサバイバルキット用自動小銃GAU-5/Aを刷新 (2018-07-11 11:59)
     試練のHK社。ベルリン警察向け『SFP9』×24,000挺の大型採用案件に重大な欠陥が指摘 (2018-07-09 13:18)
     米移民税関捜査局(ICE)がM4ライフルの配備を2倍以上に増強へ (2018-07-06 20:26)
     無人機の動作を妨害できる対ドローン用ウェアラブルジャマー「PITBULL」 (2018-07-04 12:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop