NEWS

USSOCOM「高初速の40mmプログラマブル・空中炸裂弾」の情報提供を呼びかけ

海外軍事

Photo from U.S. Army
アメリカ特殊作戦司令部が高初速の40mmプログラマブル・空中炸裂弾(High-Velocity 40mm Programmable Airburst High Explosive Ammunition)について、情報提供を呼びかけている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    要件としては、遮蔽されていないターゲット、軽車両など遮蔽物の後ろにいるターゲット、あるいは無人航空機などに対し効果のあるもので、現行のMk.19やMk.47といったオートマチックグレネードランチャーから発射できるものとしている。

    Mk.47では内蔵の管制システムとプログラマブルなMK285を組み合わせた空中炸裂が可能であるが、今回USSOCOMはレガシーなシステムをサポートするよう求めている。

    こちらはラインメタル社が開発した、発射後に赤外線ビームを発して信管をプログラムするというシステムである。USSOCOMは今回おそらく、弾頭だけでなくこうした火器管制システムすべてを含めた事情を探ろうとしているものと思われる。

    Rheinmetall 40mmx 53 HV Airburst Munition - YouTube

    Source: High Velocity 40mm Programmable Airburst High Explosive Ammunition - H92222-17-RFI-High_Velocity_40mm_Programmable_Airburst_High_Explosive_Ammunition - Federal Business Opportunities: Opportunities

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201709
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)
     『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす (2018-04-13 20:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop