NEWS

米軍SOCOMがセミオート狙撃銃の次期弾薬に6.5mmクリードモアを選定

海外軍事 Comments(0)

Photo from USASOC
アメリカ軍特殊作戦司令部は、既存の7.62mm弾に替わる中間弾薬について、6.5クリードモアを採用する。7.62mm弾は近年、長距離での性能不足が指摘されており、これを陸軍特殊部隊は複数の候補を選定。2017年から.260レミントンと6.5mmクリードモアに絞り選定を続けていた。
2017年5月の発表時のスライド。.260レミントン、6.5mmクリードモアとも7.62mm弾を超える性能を見せている。

Image from USASOC
Click to enlarge

この時点から判明していた通り、両弾薬の命中精度、信頼性は同等であった。しかし最終的には6.5クリードモアのほうが性能に余裕があり、将来性があるとされたようだ。

新弾薬のために新型狙撃銃が採用されることはなく、今後M110やCSASSといった7.62mm口径のセミオート狙撃銃が順次6.5mmクリードモア弾薬を使用するように改修されていく見込み。先日開催された米陸軍特殊部隊主催の年次国際スナイパー競技会にて、6.5クリードモア使用に改修されたM110が目撃されている。他にもFN Mk20(SCAR-H)の6.5CM仕様も見られたようだ。

参考:米陸軍特殊部隊の年次国際スナイパー競技会で「グリーンベレー」第1特殊部隊グループのチームが優勝 - ミリブロNews
参考:米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か - ミリブロNews
Source: USSOCOM Adopts 6.5 Creedmoor - Soldier Systems Daily

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201804
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop