NEWS

ウクライナ国家警備隊が米国製RPG-7『PSRL-1』を導入。ドンバス最前線で実戦投入か

海外軍事

Photo from Національна гвардія України
ウクライナ国家警備隊(UNG: Ukrainian National Guard)が今月初旬、米国製の「RPG-7」を使った訓練を実施。その様子を収めた写真を公式フェイスブックに投稿している。
このRPG-7は、テキサス州スプリング・ブランチの「エアトロニック社( AirTronic USA, Inc )」が製造する『PSRL-1』で、ワシントンのシンクタンクによると、既に東部ドンバスの最前線で実戦投入されている可能性もある。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    トランプ政権は昨年の暮れに、FGM-148ジャベリン対戦車ミサイルなど、幾つかの攻撃用火器の輸出を承認しており、その中にPSRL-1も含まれていた。遡ること2017年4月に、エアトロニック社はウクライナ国営軍需貿易企業の「スペツテクノエキスポート(Spetstechnoexport)社」に対してPSRL-1×100挺を出荷している。

    親ロシア系の軍事ニュースサイト「サウスフロント(Southfront)」が秘密裏に入手した情報によると、PSRL-1×100挺における総額は約55.5万ドル(=約6,100万円)であったとのこと。


    Photo from Сучасна Армія
    PSRL(Precision Shoulder-fired Rocket Launcher)は、エアトロニック社がRPG-7のコピー品を開発する中で培ってきた技術や経験を下地として「米国風」にブラッシュアップしたもの。旧ソ連製の有効射程が200メートル、またその派生型で現行モデルのRPG-7V2が700メートルであったのに対して、PSRLは800メートル以上と改良されている。

    加えてドットサイトとマグニファイアーの搭載、ピカティニー規格レール対応による各種アクセサリー類の使用や、M16/M4スタイルのストック、グリップの利用などで拡張性を高めることができ、800メートル離れたターゲットに対する初弾発射時の命中確率は実に90%を誇っている。同社によるとこの命中率は、他のRPG製品と比べて2倍以上の精度だという。

    関連記事:
    「RPG-7」コンパチ製品を開発する米国企業が AUSA で新型モデル「PSRL」を展示

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海軍SEALs用に開発された寒冷地向けウェットスーツ用のコーティングシステム
    米陸軍の要人警護用新型サブコンパクトウェポン(SCW)候補に新たに3機種が追加
    敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発
    フランス軍特殊部隊がイエメンで地上展開。アラブ連合を後押し
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海軍SEALs用に開発された寒冷地向けウェットスーツ用のコーティングシステム (2018-06-25 11:42)
     米陸軍の要人警護用新型サブコンパクトウェポン(SCW)候補に新たに3機種が追加 (2018-06-25 11:22)
     敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝 (2018-06-19 16:08)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発 (2018-06-18 22:20)
     フランス軍特殊部隊がイエメンで地上展開。アラブ連合を後押し (2018-06-18 21:04)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop