NEWS

ウクライナ国家警備隊が米国製RPG-7『PSRL-1』を導入。ドンバス最前線で実戦投入か

海外軍事 Comments(0)

Photo from Національна гвардія України
ウクライナ国家警備隊(UNG: Ukrainian National Guard)が今月初旬、米国製の「RPG-7」を使った訓練を実施。その様子を収めた写真を公式フェイスブックに投稿している。
このRPG-7は、テキサス州スプリング・ブランチの「エアトロニック社( AirTronic USA, Inc )」が製造する『PSRL-1』で、ワシントンのシンクタンクによると、既に東部ドンバスの最前線で実戦投入されている可能性もある。
トランプ政権は昨年の暮れに、FGM-148ジャベリン対戦車ミサイルなど、幾つかの攻撃用火器の輸出を承認しており、その中にPSRL-1も含まれていた。遡ること2017年4月に、エアトロニック社はウクライナ国営軍需貿易企業の「スペツテクノエキスポート(Spetstechnoexport)社」に対してPSRL-1×100挺を出荷している。

親ロシア系の軍事ニュースサイト「サウスフロント(Southfront)」が秘密裏に入手した情報によると、PSRL-1×100挺における総額は約55.5万ドル(=約6,100万円)であったとのこと。


Photo from Сучасна Армія
PSRL(Precision Shoulder-fired Rocket Launcher)は、エアトロニック社がRPG-7のコピー品を開発する中で培ってきた技術や経験を下地として「米国風」にブラッシュアップしたもの。旧ソ連製の有効射程が200メートル、またその派生型で現行モデルのRPG-7V2が700メートルであったのに対して、PSRLは800メートル以上と改良されている。

加えてドットサイトとマグニファイアーの搭載、ピカティニー規格レール対応による各種アクセサリー類の使用や、M16/M4スタイルのストック、グリップの利用などで拡張性を高めることができ、800メートル離れたターゲットに対する初弾発射時の命中確率は実に90%を誇っている。同社によるとこの命中率は、他のRPG製品と比べて2倍以上の精度だという。

関連記事:
「RPG-7」コンパチ製品を開発する米国企業が AUSA で新型モデル「PSRL」を展示

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop