NEWS

ウクライナの大型サイレンサー付きAKM小銃「Hopak」

海外軍事
ウクライナ軍が行った新型小火器のデモにおいて、大型サイレンサーを内蔵したAKM小銃のバリエーション「Hopak」が姿を見せた。ウクライナ国家安全保障・国防会議のトップ、オレクサンドル・トゥルチノフもこれを視察した。動画中の0:58と3:51でその姿を見ることができる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from Sputnik Gear Facebook Page
    HopakはウクライナのMayak社が開発した7.62×39mm口径の小銃。AKMをベースにしているがガスブロックなどを取り去ったボルトアクション方式に改修され、ガスの破裂音やメカの動作音を低減、静粛性を高めている。2015年頃から開発中の姿が見られてきたが、今回動画に登場したものはハリスタイプのバイポッドにAR風の伸縮ストックが装備され、さらにモダナイズされた形になっている。

    参考:サイレンサー一体型アッパーレシーバーM4計画「SURG」の入札が中止に - ミリブロNews

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201708
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    敵目前にジャムを起こしたグロックで3名の敵を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発
    フランス軍特殊部隊がイエメンで地上展開。アラブ連合を後押し
    「国産」と偽り中国製ブーツを米軍に納入していた『ウェルコ社』幹部5名に判決
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝 (2018-06-19 16:08)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発 (2018-06-18 22:20)
     フランス軍特殊部隊がイエメンで地上展開。アラブ連合を後押し (2018-06-18 21:04)
     「国産」と偽り中国製ブーツを米軍に納入していた『ウェルコ社』幹部5名に判決 (2018-06-15 16:22)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop