NEWS

ウクライナ国営防衛企業が米国政府の許認可による M16 ライセンス品生産を開始へ。第一弾は「WAC47」

海外軍事
ウクライナの国営防衛企業である、ウクロボロンプロム (UkrObornProm) 傘下のウクロボロンサービス (UOS: State Company "UKROBORONSERVICE") が、年始に危機報道センター (UCMC: Ukraine Crisis Media Center) でおこなわれた記者会見の席上で、米国の航空・宇宙・防衛企業との提携を発表。NATO 基準に準拠した M16 ライフルの生産プロジェクトを始動することが分かった。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Capture screen from Ukraine Crisis Media Center official YouTube channel
    プロジェクトの第一弾は、米国政府のライセンスに基づいて近代化されるという。(生産ライセンスについては、2016 年末の 3 週間前に受領していたことが明かされている)

    ウクロボロンプロムによると、国産されるライセンス品の第一陣は、7.62x39mm 弾を使う標準的な AK-47 マガジンを採用した M4 バリエーションモデルの「WAC47」になることが示されている。


    Capture screen from Ukraine Crisis Media Center official YouTube channel

    WAC47 Technical Characteristics:
    * Caliber: 7.62x39mm
    * Magazine Capacity: 30rds
    * Muzzle Velocity: 884m/sec
    * Action: Gas-Operated
    * Overall Length: 840mm
    * Barrel Length: 406mm (16inch)
    * Weight without Magazine: 3,110g
    * Effective Firing Range: 600m


    今回の発表についてウクロボロンサービス社の ヴォロディミィヤ・コロボフ (Volodymyr Korobov) 事業副本部長は、「このプロジェクトは我が軍だけでなく、産業界にとっても、NATO 基準への転換を強く促すことになるだろう」と述べている。


    Capture screen from Aeros official website
    一方の米側企業であるエアロス社 (Worldwide Aeros Corp.) の創業者、イゴール・パスターナク (Igor Pasternak) 氏は、「米側による可能な限り素早い支援展開であり、形式主義的なしきたりを破るサインになるだろう」と述べている。

    エアロス社は、米航空宇宙局 (NASA: National Aeronautics and Space Administration) と同国防総省による巨大な飛行船「エアロスクラフト (Aeroscraft) 」の開発で知られている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    入浴中、飲酒、強盗、空き巣…3ヶ年で2,200挺が行方不明。ずさん過ぎる南アフリカの警察官による銃火器管理体制
    ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     入浴中、飲酒、強盗、空き巣…3ヶ年で2,200挺が行方不明。ずさん過ぎる南アフリカの警察官による銃火器管理体制 (2017-10-20 14:38)
     ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明 (2017-10-20 12:25)
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop