NEWS

ウクライナ国営防衛企業が米国政府の許認可による M16 ライセンス品生産を開始へ。第一弾は「WAC47」

海外軍事
ウクライナの国営防衛企業である、ウクロボロンプロム (UkrObornProm) 傘下のウクロボロンサービス (UOS: State Company "UKROBORONSERVICE") が、年始に危機報道センター (UCMC: Ukraine Crisis Media Center) でおこなわれた記者会見の席上で、米国の航空・宇宙・防衛企業との提携を発表。NATO 基準に準拠した M16 ライフルの生産プロジェクトを始動することが分かった。

Capture screen from Ukraine Crisis Media Center official YouTube channel
プロジェクトの第一弾は、米国政府のライセンスに基づいて近代化されるという。(生産ライセンスについては、2016 年末の 3 週間前に受領していたことが明かされている)

ウクロボロンプロムによると、国産されるライセンス品の第一陣は、7.62x39mm 弾を使う標準的な AK-47 マガジンを採用した M4 バリエーションモデルの「WAC47」になることが示されている。


Capture screen from Ukraine Crisis Media Center official YouTube channel

WAC47 Technical Characteristics:
* Caliber: 7.62x39mm
* Magazine Capacity: 30rds
* Muzzle Velocity: 884m/sec
* Action: Gas-Operated
* Overall Length: 840mm
* Barrel Length: 406mm (16inch)
* Weight without Magazine: 3,110g
* Effective Firing Range: 600m


今回の発表についてウクロボロンサービス社の ヴォロディミィヤ・コロボフ (Volodymyr Korobov) 事業副本部長は、「このプロジェクトは我が軍だけでなく、産業界にとっても、NATO 基準への転換を強く促すことになるだろう」と述べている。


Capture screen from Aeros official website
一方の米側企業であるエアロス社 (Worldwide Aeros Corp.) の創業者、イゴール・パスターナク (Igor Pasternak) 氏は、「米側による可能な限り素早い支援展開であり、形式主義的なしきたりを破るサインになるだろう」と述べている。

エアロス社は、米航空宇宙局 (NASA: National Aeronautics and Space Administration) と同国防総省による巨大な飛行船「エアロスクラフト (Aeroscraft) 」の開発で知られている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ・サワー社が米陸軍の MHS 選定のレースに勝利を宣言
米空軍最後の現役F4ファントムⅡによる最後のフライト
イラクのモースル大学がダーイッシュ (IS) から解放。米陸軍特殊部隊オペレーターの写真が話題に
米陸軍の次期制式ピストル (MHS) にシグ・サワー社の SIG P320 が選定
米国ショットショーで H&K 社が米陸軍の次期セミオート式狙撃銃 M110A1 CSASS を展示
「ビン・ラディン急襲作戦時、ST6隊員が使用した全てのHK416にEMAGが装着」マグプル社がPMAG 10年史で紹介
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ・サワー社が米陸軍の MHS 選定のレースに勝利を宣言 (2017-01-20 21:22)
 米空軍最後の現役F4ファントムⅡによる最後のフライト (2017-01-20 19:57)
 イラクのモースル大学がダーイッシュ (IS) から解放。米陸軍特殊部隊オペレーターの写真が話題に (2017-01-20 17:07)
 米陸軍の次期制式ピストル (MHS) にシグ・サワー社の SIG P320 が選定 (2017-01-20 12:12)
 米国ショットショーで H&K 社が米陸軍の次期セミオート式狙撃銃 M110A1 CSASS を展示 (2017-01-19 17:45)
 「ビン・ラディン急襲作戦時、ST6隊員が使用した全てのHK416にEMAGが装着」マグプル社がPMAG 10年史で紹介 (2017-01-19 13:41)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop