豪企業がトヨタ製ランドクルーザーをベースにした軍用長距離偵察車輌「6x6 サザーン・スコーピオン」を展示

海外軍事国内軍事関連

Photo from Varley Group
中東ドバイで2月19日~23日の期間、「国際防衛展示会・IDEX2017(International Defence Exhibition and Conference)」が開催され、オーストラリア、ニューサウスウェールズ州トマゴに本社を置くバーレイ・グループ(Varley Group)が、6輪駆動の長距離偵察用車両を展示した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    「6x6 サザーン・スコーピオン(Southern Scorpion)」と名付けられたこの車輌は、トヨタ製ランドクルーザーをベースに開発されている。


    Photo from Varley Group
    バーレイ・グループは、欧州向けに消防はしご車輌や軍用の軽戦術車輌などの開発を手掛けており、会場にはクリストファー・パイン(Christopher Pyne)豪国防産業大臣(Minister for Defence Industry)も視察に訪れている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」
    ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される
    ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」
    フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画
    対ドローンの防空能力を向上させるヘルファイアを搭載した初のストライカー装甲車輌が登場
    米陸軍が一般歩兵向けに「つなぎ」で最大5万挺の7.62mm新型小銃を採用へ。その要求仕様が公開
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」 (2017-08-17 07:11)
     ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される (2017-08-17 06:53)
     ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」 (2017-08-17 06:38)
     フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画 (2017-08-17 06:24)
     対ドローンの防空能力を向上させるヘルファイアを搭載した初のストライカー装甲車輌が登場 (2017-08-10 17:09)
     米陸軍が一般歩兵向けに「つなぎ」で最大5万挺の7.62mm新型小銃を採用へ。その要求仕様が公開 (2017-08-10 16:14)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop