ウィルソン・コンバットがグロックシリーズのカスタマイズを受付開始

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from Wilson Combat
実戦的なカスタム・ハンドガン、特に1911系のカスタマイズではスペシャリストとして知られるウィルソン・コンバットが、グロックシリーズのカスタマイズの受付を開始した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from Wilson Combat
    カスタマイズは第3世代、第4世代を対象にスライドの再仕上げ、フレームのスティプリング、サイトやトリガーやマグウェル等外装部品の組み込み・調整など内容は様々。ユーザーは自分の銃とカスタマイズ指示書をウィルソン・コンバットに送付してカスタマイズを受ける。価格はグリップのスティプリングが139ドル、スライド再仕上げが100ドルからなど。現在は組み込みのみだが、将来的には完成品の販売も行う予定。

    ウィルソン・コンバットのトレードマークである「スターバースト」パターンにスティプリングされたグリップ。スライドストップも大型化されている。

    Photo from Wilson Combat

    ウィルソン・コンバットのSpeed Chuteマグウェルの組み込み。他にもZEVやAPEXといったメーカーのカスタムパーツの組み込みサービスを提供する。

    Photo from Wilson Combat

    フロントセレーション加工とマズルの面取り加工。それぞれ加工費は75ドル。

    Photo from Wilson Combat

    1911のカスタマイズ、そしてコンバット・シューティング史に大きな影響を与えてきたウィルソン・コンバット。その技術と知見から生まれるカスタマイズ・グロックはどのようなものになるか楽しみだ。

    Source: Glock Custom Work – Wilson Combat

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201709
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    東京マルイが「89式5.56㎜小銃(固定銃床型)」ガスブローバックモデルのPVを公開
    東海地区最大級で快適設備を持つアウトドアサバゲーフィールド「青空ハッスル」
    新製品が大量に発表! 「東京マルイフェスティバル 4th」詳細レポート
    速報:第4回「マルフェス」でガスブロ版89式小銃、M45A1、スコーピオンMod.M、MTR16、PPCが新登場
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
     東京マルイが「89式5.56㎜小銃(固定銃床型)」ガスブローバックモデルのPVを公開 (2017-11-14 10:12)
     東海地区最大級で快適設備を持つアウトドアサバゲーフィールド「青空ハッスル」 (2017-11-13 17:53)
     新製品が大量に発表! 「東京マルイフェスティバル 4th」詳細レポート (2017-11-13 11:56)
     速報:第4回「マルフェス」でガスブロ版89式小銃、M45A1、スコーピオンMod.M、MTR16、PPCが新登場 (2017-11-11 11:22)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop