NEWS

ウィンチェスター社がアメリカ軍用の新型9mmホローポイント弾を展示

海外軍事
先日、制式拳銃として採用されたM17・18(SIG P320)は「Modular Handgun System」の1要素である。MHSは他にもホルスターやライト、サプレッサーなどのアクセサリーから構成されているが、今回AUSA 2017のウィンチェスター社ブースにて以前から話題になっていた新型弾薬も公開された。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    軍用の弾薬といえば弾芯が完全に覆われたフルメタルジャケット弾が一般的であったが、今回公開されたXM1153 Special Purpose(特殊用途)弾は、弾頭が凹んでいる「ホローポイント」となっている。

    ホローポイント弾はいわゆる「ダムダム弾の禁止に関するハーグ宣言」で使用が制限されていると解釈される。米軍はこの宣言に調印していないが、MHSのトライアルの際には懸念を示す声が多くあがった。

    参考:
    米軍の新制式ハンドガン「XM-17」にホローポイント弾頭が採用される可能性が高まる - ミリブロNews

    今回公開された弾頭は、同じくウィンチェスター社の「T-Series」に形状が似ている。T-Seriesは乱射事件で使用されたため規制された「ブラック・タロン」弾に似ているが、これよりも弾頭の変形が小さく、破壊力よりも貫通力を重視した弾薬であるという。

    Winchester Black Talon vs. T-Series! 1992 Bullet Tech Compared to Today

    Source: M17 MHS Food - US Army's XM1153 Special Purpose 9mm Round Unveiled by Winchester at [AUSA 2017] - The Firearm BlogThe Firearm Blog

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201711
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop