米イリノイ州ウィネベーゴ郡保安官代理のデューティーピストルがH&K製からGlock21にリプレイス

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from Glock
米イリノイ州ウィネベーゴの郡保安官代理が携行する銃(デューティーピストル)が、現行のヘッケラーアンドコッホ(H&K: Heckler & Koch)製から、グロック製に切り替わる。
ウィネベーゴ郡では、2014年にシェリフ(保安官)に選出されたガリー・カルアナ(Gary Caruana)氏の下で、保安官代理が使用する装備の刷新計画が進められている。

(米国のカウンティ―(郡)警察には、地域に密着した公選の「シェリフ」が置かれ、その下に「デピュティ(保安官代理)」と呼ばれる執行官たちが実務に当たっている)

今回、カルアナ氏の方針によって、保安官代理の制服や無線機が新たなものに切り替わるほか、車輌に至っては、現在運用されている燃費車輌から、33輌のパワフルなSUVにリプレイスされることになる。

デューティーピストルのリプレイスは、まさにその一環となり、これまで14年に渡って運用された現行のH&K製45口径ピストルから、同じく45口径のGlock21が新調されることが決まっている。購入数量は175挺であることが示されており、今月末にも保安官代理らの手元に行き渡る見込み。

Glock21の新配備に伴い、銃の管理や近接格闘(CQC: Close-Quarter Combat) 環境下でのホルスターからのドロー、射撃訓練、資格認定など8時間に渡る移行研修を受講する必要があるとされている。

なお、Glock21を選定したことについて銃器部門の責任者は、「殆どの部署では10年から12年で新たなデューティーピストルにリプレイスしている」とした上で、それまでのH&K製ピストルと比べて、①弾倉当たりの装填数が12発から13発に増強でき、②初弾発射時のトリガープルが12ポンド(=約5.4キログラム)だったのが、初弾だけでなく平均して5.5ポンド(=約2.5キログラム)に半減以下となり、③銃本体を構成するパーツ点数が少なく、④軽量化されており、⑤メンテナンス性も高いといった利点を挙げ、「グロックは全米の部署で採用されているまさに"働く警察官のための銃"だ」と評価している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop