日米共同方面隊指揮所演習「ヤマサクラ71」でアイアンシェフ対決が開催

国内軍事関連
2016年12月6日から熊本県の健軍駐屯地で開催される日米共同方面隊指揮所演習「ヤマサクラ(YMS-71)」。
陸上自衛隊と在日米軍の合同で行われる大規模な図上演習で毎年開催されている。

今回は日米から6,500人が参加しているが、その一環として陸自と米陸軍の「アイアンシェフ対決」が開催された。

関連記事:
日米料理対決「Iron Chef」、共同方面隊指揮所演習「ヤマサクラ」で実施

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: via Yama Sakura official FaceBook
    前菜、サラダ、スープ、メインコース、デザートを150人分用意するというこの対決では、スパイスや調味料は自由に選ぶことができるが、素材として必ずカボチャを使わなくてはならない。

    こちらが米軍のシェフが用意した作品。

    Photo: via Yama Sakura official FaceBook


    そしてこれが自衛隊のシェフの作品。

    Photo: via Yama Sakura official FaceBook

    米軍・自衛隊の幹部10名による審査の結果、「ヤマサクラ71・アイアンシェフアワード」は陸上自衛隊が獲得した。

    Photo: via Yama Sakura official FaceBook

    この演習は12月13日まで開催される。

    出典:YamaSakura facebookページ:https://www.facebook.com/yamasakura/

    Text: 乾宗一郎 - FM201612

    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
    米軍トップチーム導入の「能力覚醒ヘッドセット」の実力は?田村装備開発協力『ヘイロー・スポーツ』検証実験
    旧日本海軍に制式採用された六櫻社(現コニカミノルタ)製ガンカメラ『八九式活動写真銃改二』がeBayに出品
    大戦中に鹵獲された零式艦上戦闘機「アクタン・ゼロ」のパーツから作られたナイフ
    渡米訓練「アイアンフィスト18」で小銃・拳銃トランジション射撃訓練に励む西普連(WAiR)隊員
    安倍首相が豪首相と共に陸自「特殊作戦群」を視察。現職首相による特戦群の視察と外国首脳への公開は初めて
    米軍の女性空挺隊員も参加。平成30年陸上自衛隊「第一空挺団 降下訓練始め」レポート
    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
     米軍トップチーム導入の「能力覚醒ヘッドセット」の実力は?田村装備開発協力『ヘイロー・スポーツ』検証実験 (2018-02-23 22:34)
     旧日本海軍に制式採用された六櫻社(現コニカミノルタ)製ガンカメラ『八九式活動写真銃改二』がeBayに出品 (2018-02-02 19:41)
     大戦中に鹵獲された零式艦上戦闘機「アクタン・ゼロ」のパーツから作られたナイフ (2018-01-24 09:41)
     渡米訓練「アイアンフィスト18」で小銃・拳銃トランジション射撃訓練に励む西普連(WAiR)隊員 (2018-01-18 19:26)
     安倍首相が豪首相と共に陸自「特殊作戦群」を視察。現職首相による特戦群の視察と外国首脳への公開は初めて (2018-01-18 17:21)
     米軍の女性空挺隊員も参加。平成30年陸上自衛隊「第一空挺団 降下訓練始め」レポート (2018-01-17 13:36)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop