日米共同方面隊指揮所演習「ヤマサクラ71」でアイアンシェフ対決が開催

国内軍事関連
2016年12月6日から熊本県の健軍駐屯地で開催される日米共同方面隊指揮所演習「ヤマサクラ(YMS-71)」。
陸上自衛隊と在日米軍の合同で行われる大規模な図上演習で毎年開催されている。

今回は日米から6,500人が参加しているが、その一環として陸自と米陸軍の「アイアンシェフ対決」が開催された。

関連記事:
日米料理対決「Iron Chef」、共同方面隊指揮所演習「ヤマサクラ」で実施

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: via Yama Sakura official FaceBook
    前菜、サラダ、スープ、メインコース、デザートを150人分用意するというこの対決では、スパイスや調味料は自由に選ぶことができるが、素材として必ずカボチャを使わなくてはならない。

    こちらが米軍のシェフが用意した作品。

    Photo: via Yama Sakura official FaceBook


    そしてこれが自衛隊のシェフの作品。

    Photo: via Yama Sakura official FaceBook

    米軍・自衛隊の幹部10名による審査の結果、「ヤマサクラ71・アイアンシェフアワード」は陸上自衛隊が獲得した。

    Photo: via Yama Sakura official FaceBook

    この演習は12月13日まで開催される。

    出典:YamaSakura facebookページ:https://www.facebook.com/yamasakura/

    Text: 乾宗一郎 - FM201612

    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
    田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定
    米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象
    『AASAM 2018』国際マッチグループで陸上自衛隊チームが総合3位に。1位はインドネシアチーム
    オーストラリア陸軍主催の国際射撃競技会『AASAM』スナイパー競技部門で陸上自衛隊チームが優勝
    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
     田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート (2018-06-08 14:30)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定 (2018-05-18 19:01)
     米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象 (2018-05-18 18:23)
     『AASAM 2018』国際マッチグループで陸上自衛隊チームが総合3位に。1位はインドネシアチーム (2018-05-10 17:23)
     オーストラリア陸軍主催の国際射撃競技会『AASAM』スナイパー競技部門で陸上自衛隊チームが優勝 (2018-05-07 10:34)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop