NEWS

故ミハイル・カラシニコフ氏の業績を称えた記念碑のデザインコンクールが開催

海外軍事

Photo: Mikhail Kalashnikov via Rostec
ロシアの国営ハイテク工業製品開発・生産・輸出企業「ロステック」は世界各国の軍や司法機関が採用し、また紛争地帯でも大量に使用されている突撃銃「AK47」の設計者、故ミハイル・カラシニコフ (Mikhail Kalashnikov) 氏の生誕日11月10日に合わせて記念碑が設立されると発表した。


Photo: Mikhail Kalashnikov's monument via Russian MoD
設置される場所はモスクワ市内とされ、6月から記念碑のデザインコンクールを開催する模様である。「ロステック」によれば故ミハイル・カラシニコフ氏の生誕日11月10日に合わせて記念碑を設立するものであり、カラシニコフ氏のこれまで業績に敬意を示すものであるものであるという。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    故ミハイル・カラシニコフ氏は突撃銃「AK47」を初め、数々の著名な銃器を手掛けた銃器設計者であり、知る人ぞ知る銃器設計者であった。2013年12月23日にこの世を去った。享年 94歳。死後国葬が行われ、プーチン大統領を始め数多くの著名人が別れを惜しみ、連邦軍記念墓地に埋葬され静かに眠りについている。

    関連記事:
    自動小銃 AK-47 生みの親「ミハイル・カラシニコフ」氏が死去、94 歳

    Text: WT83 - FM201606

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)
     『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす (2018-04-13 20:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop