FN MAG / M240 Machine Gun

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

ミリブロLiveと、SATマガジンさんのブログでもありましたように、エチゴヤさんから近日発売予定となりましたFN M240コンバージョンキットの情報をお届け致します。

この投稿はECHIGOYA東京店さんの提供でお送り致します。

撮影協力:ECHIGOYA東京店


海外メーカーからリリース予定となりますM240コンバージョンキット。
その試作品第1号が秋葉原にありますエチゴヤさんにありました。

M240はNATO加盟国において広く採用されていた、FN(Fabrique Nationale de Herstal:ファブリックナショナル) MAGをアメリカ軍向けに改修設計したもので、7.62mm NATO弾を発射し、軽量型としても中量型としても両方の運用が可能な汎用機関銃。

今回ご紹介するトイガンにおいては、発射はもちろん6mmBB弾。内部はコンバージョンキットのスタンダードとも言える、東京マルイ製のver.7メカボックスを使用。

多くのパーツがCNC切削によるアルミダイキャストで構成され、細部に渡ってリアルな再現が行われています。
重量6Kgと、一般的な電動ガンと比べて重いものの、見た目ほどの重さを感じません。

また、6mmBB弾約4,000発を収容するBoxマガジンと電動給弾で弾幕を張れば、フィールドで目立ち度バツグンとなることでしょう。






































(この続きはSATマガジンさんでも特集されるかもしれませんので、そちらをお楽しみにお待ち下さい。)

大迫力のM240を是非一度、エチゴヤさんの店頭でご覧になってみてはいかがでしょうか。
こちらの商品に関するお問い合わせは、下記エチゴヤ東京店さんまでご連絡下さい。


ECHIGOYA東京店
http://echigoya.co.jp/tokyo/
住所:東京都千代田区外神田3-8-9
電話:03-5289-7009
営業時間:11:00~22:00 日曜及び連休最終日のみ11:00~21:00
年中無休

地図はこちら

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
 大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン (2018-10-19 19:09)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop