陸自:霧島演習場で米海兵隊との実動訓練を実施

国内軍事関連 Comments(0)

※写真は平成21年度 日米共同訓練より
陸幕広報室は9日、本年度における日米共同訓練(国内における米海兵隊との実動訓練)の大要についての実施要綱を発表。宮崎県えびの市、鹿児島県湧水町にまたがる陸上自衛隊霧島演習場で12月上旬からの約10日間、陸上自衛隊及び在沖海兵隊が参加し、それぞれの指揮系統に従い、共同作戦の実施における連携要領を訓練し、相互運用の向上を図る事を目的としている。

平成22年度の日米共同訓練(国内における米海兵隊との実動訓練)の大要について

期間:平成22年12月上旬~12月中旬
場所:霧島演習場

担任官
(1) 日本側:第8師団長
(2) 米軍側:第3海兵機動展開部隊副司令官
実施部隊
(1) 日本側:第43普通科連隊基幹
(2) 米軍側:第31海兵機動展開隊の1個中隊基幹

なお、訓練内容については後日、陸自より発表の見通しだ。

過去の関連記事:
平成21年度 日米共同訓練~映像編~
平成21年度 日米共同訓練~ヘリボン訓練編~
平成21年度 日米共同訓練~市街地戦闘(MOUT)編~


同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
『自衛隊の特殊部隊』が米アフリカ軍(AFRICOM)の年次特殊部隊演習「Flintlock 2019」にオブザーバー参加
田村装備開発の大阪出張「Protection& Intelligence」取材レポート
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
ヨルダンのアブドラ国王が陸上自衛隊『特殊作戦群』の訓練を視察
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 『自衛隊の特殊部隊』が米アフリカ軍(AFRICOM)の年次特殊部隊演習「Flintlock 2019」にオブザーバー参加 (2019-02-19 12:12)
 田村装備開発の大阪出張「Protection& Intelligence」取材レポート (2018-12-07 19:19)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
 ヨルダンのアブドラ国王が陸上自衛隊『特殊作戦群』の訓練を視察 (2018-11-28 12:46)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 16:50)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop