NEWS

シリーズ『制服の帝国~ナチスの群像~』上/下巻3月26日発売

専門誌 Comments(0)
ナチス・ドイツを、その象徴である「制服」を通して考察する、
シリーズ『制服の帝国』の単行本がホビージャパンより登場!
シリーズ『制服の帝国~ナチスの群像~』上/下巻3月26日発売

「月刊アームズマガジン」でお馴染みの、ホビージャパンより、「月刊アームズマガジン」誌上で連載していた、シリーズ『制服の帝国』の単行本(上/下巻)が3月26日(土)に発売となる。
【ホビージャパンの出版物】
http://hobbyjapan.co.jp/books_index/

本書は、山下英一郎氏(軍事史学会)著作により2008年10月号から2011年2月にかけて連載していた、シリーズ『制服の帝国』の中でも特に規則や制服などに厳格であった「ナチス・ドイツ」に焦点を当て、シリーズ『制服の帝国~ナチスの群像~』と題し、上/下巻に別けて発売するものだ。

当時の資料をもとに、当時行なわれた軍事作戦や、そこに携わった閣僚、士官達の複雑に絡み合った思惑、当時の欧州を中心とした社会情勢から読み解かれていく大戦の真実を、重厚且つ繊細に解説している。

ミリタリーファンだけでなく、歴史ファンにも読み応えのある単行本となっているので、是非ご覧頂きたい。


●ナチス・ドイツの統治機構
●強制収容所の髑髏師団
●あるいはSS経済管理本部
●ラインハルト作戦
●SSの高さに栄光あれ
●魅惑の鉄十字
●参謀本部の憂鬱
●パンツァージャケット事始め
●老人と子供のポルカ
・・・etc

書名:シリーズ 制服の帝国~ナチスの群像~上/下巻
定価:各巻1,890円(本体1,800円)
装丁:A5判・各巻176ページ
ISBN:上巻978-4-7986-0203-5、下巻978-4-7986-0204-2
発売日:2011年3月26日
※今般の地震の影響により、発売遅延の可能性もあります。

【著者略歴】
山下英一郎(Yamashita Eiichiro)
1965年東京生まれ。歴史学博士(Ph.D.)。日本軍事史学会会員。立教大学大学院修了。「アルバン」店長を経て、1996年より日本唯一のヒトラー=ドイツ専門店「KLAUSE」(http://www.klausemilitary.com/)を主宰


同じカテゴリー(専門誌)の記事画像
L・ネヴィル著/床井雅美監訳/茂木作太郎訳『SAS英陸軍特殊部隊─世界最強のエリート部隊』
現役「グリーンベレー」隊員を父に持つ9歳の少年の綴った児童書が、Amazonカテゴリーランキングで1位を獲得
同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.25、「米海兵特殊作戦コマンド(MARASOC)」
並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行
世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行
元陸上自衛隊1佐が描く『漫画クラウゼヴィッツと戦争論』
同じカテゴリー(専門誌)の記事
 L・ネヴィル著/床井雅美監訳/茂木作太郎訳『SAS英陸軍特殊部隊─世界最強のエリート部隊』 (2019-12-17 12:45)
 現役「グリーンベレー」隊員を父に持つ9歳の少年の綴った児童書が、Amazonカテゴリーランキングで1位を獲得 (2019-12-13 15:54)
 同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.25、「米海兵特殊作戦コマンド(MARASOC)」 (2019-12-05 17:37)
 並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行 (2019-11-06 17:37)
 世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行 (2019-09-11 11:09)
 元陸上自衛隊1佐が描く『漫画クラウゼヴィッツと戦争論』 (2019-06-28 12:59)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop