台湾KIC 生存遊戲專賣

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
台湾北部の大都市 台北にある「生存遊戲專賣」のKICに訪問して参りました。「生存遊戲專賣」とは日本で言うところの「サバゲー専門ショップ」といったところでしょう。

台湾KIC 生存遊戲專賣
近代的で綺麗な店内へ入る前には、M60やM240などの大型銃器が出迎えてくれ、雰囲気を盛り上げてくれます。

台湾KIC 生存遊戲專賣台湾KIC 生存遊戲專賣
※小さな画像はクリックすると少し大きな画像が表示されます。
1枚目の写真向かって左より、M240B、M240G、MG34、MG42、Barett M82、クレイモア。そして、床に転がっている物体はドイツのAnti Tank(対戦車)ロケット パンツァーファースト。
角度を変えて、上から写した2枚目の写真では、右下にニーモーター(ニークラッシャー)があるのが分かります。

台湾KIC 生存遊戲專賣
トイガン用に海外メーカーによって開発されたフラッシュバン型のガスチャージャーや、グレネード類。日本でもお馴染みの商品がある一方で、左から2番目の「ホワイトスター」などは珍しいものではないでしょうか。

台湾KIC 生存遊戲專賣
台湾KIC 生存遊戲專賣
台湾KIC 生存遊戲專賣
台湾KIC 生存遊戲專賣
台北を代表する大型店舗とあって店内にはスナイパーライフル、アサルトライフル、マシンガン、ハンドガン・・・と、ありとあらゆるラインナップでエアガンが整列されています。

今回、写真の掲載こそないものの、細長い間取りの店内奥左手には、実物パーツを多用したM4ベースとしたオーナー自慢の作品が多数並べられている姿は圧巻です。
台北へ旅行される機会には是非立ち寄ってみて下さい。

台湾KIC 生存遊戲專賣
台湾KIC 生存遊戲專賣


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
サバゲー形式イベント「民兵祭MMM2019DEC」が12/15に和歌山県バトルランドで開催
ナイフメーカー「ガーバー」の創業者、ピート・ガーバーが死去
装備好き企画集団「MMR-ZZ」主催、新感覚エアソフトイベント『レオ二ダースゲーム』
サバゲーの戦いの舞台は空へ?エアソフトで武装する空飛ぶアイアンマンスーツが完成
エアソフトガンで練習すれば実銃もうまくなるのか?
【PR】Gunsmith BATON 所沢店がオープン
 サバゲー形式イベント「民兵祭MMM2019DEC」が12/15に和歌山県バトルランドで開催 (2019-11-12 17:56)
 ナイフメーカー「ガーバー」の創業者、ピート・ガーバーが死去 (2019-11-12 11:33)
 装備好き企画集団「MMR-ZZ」主催、新感覚エアソフトイベント『レオ二ダースゲーム』 (2019-11-11 18:00)
 サバゲーの戦いの舞台は空へ?エアソフトで武装する空飛ぶアイアンマンスーツが完成 (2019-10-09 12:20)
 エアソフトガンで練習すれば実銃もうまくなるのか? (2019-10-02 19:22)
 【PR】Gunsmith BATON 所沢店がオープン (2019-10-01 10:32)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop