NEWS

米軍SRT、セミオート・スナイパーライフル M110を受領

海外軍事 Comments(0)
米陸軍は7日のリリースで、Fort Sill の SRT(Special Reaction Team:特別対応チーム) が、新型の狙撃銃・M110の受領を開始した様子を公開した。

M110 は、急速な環境変化に対応しやすい設計で、従来型の狙撃任務だけでなく、市街戦における狙撃任務にも適応しているとの説明がされており、迅速な脱着を可能にしたサプレッサーを装備できるとしている。

M110 を用いたトレーニングは3日間に渡って実施された。M24 の後継機として米陸軍での代替が進む M110 は 2008年の配備以来、米陸軍全体の狙撃兵に渡って受領されている。また今回のレポートで M110 の実射について、リコイルが限りなく小さいことを報告しており、その様子を M24 に近い感覚であるとしている。

US Army 2011/7/7

過去の「小銃」関連記事:
米陸軍の自動小銃調達案件に、コルト社からはCM901を提案
米陸軍、M855A1 EPRのメディアディを実施
ADCOR、M4 カービン後継製品調達計画にBEARで参入か


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop