NEWS

QNA、新型MUGV「DR10」を発表

海外軍事 Comments(0)
QNA、新型MUGV「DR10」を発表QNA (QinetiQ North America) は 16日付けのリリースで、戦闘地域における 偵察 や 初動対応 の任務に向けた、ごく小型の軍用 MUGV (Micro Unmanned Ground Vehicle:小型無人地上車輌) 、"Dragon Runner 10 (DR10) " を発表した。

EOD (Explosive Ordnance Disposal:爆発物処理) 任務をはじめ、戦闘地域における兵士の生命のリスクを限りなく縮小させることが出来るとして、科学と技術の向上に伴い、各国の軍での導入が急速に伸び続けている無人機。

刻々と状況が変化する前線での様子を、後方に控えるチームへ映像や音声といった情報と共に提供し、チームの安全の確保をおこないながら作戦を進めることができる。

今回 QNA が発表した最新の無人機、"DR10" は、横幅 13.5インチ (=約 34cm)、高さ 5.8インチ (=約 15cm)、重量 約10ポンド(=約 4.5Kg) と、アサルトパック などでの持ち運びも可能な小型の UGV となっている。また DR10 は如何なる路面でも移動することの出来る高い走破性能を実現し、小型ながらもパワフルで、負傷した大人1名程度なら引きずって後方の安全な地域へ運び出すことができるとしている。

兵士の「目」となり、「耳」となる、この DR10 の操作には、携帯式 コントローラー を使用し、夜でも関係なく映像を送ることのできる高感度のナイトビジョンも搭載されている。

QinetiQ North America 2011/08/16

QNA、新型MUGV「DR10」を発表
Dragon Runner 10 | QinetiQ North America

QNA、新型MUGV「DR10」を発表
10-Pound Bomb-Bot Scampers Around


過去の「UGV関連記事」:
ボーイング、米空軍EODへSUGVの初回納入完了
DARPA、ロボット運用を記した「M3プログラム」を始動


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
 米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了 (2019-05-17 19:44)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop