NEWS

F-35B、USS Wasp(LHD-1)で艦上運用試験実施

海外軍事 Comments(0)
10月3日より米海兵隊による艦上運用試験を実施中のF-35B (BF-2) の映像が、Defense Update の YouTubeチャンネルで公開となった。F-35B は、F-35 バリエーションの中で最も開発が遅れているとされている STOVL (Short Take Off and Vertical Landing:短距離離陸・垂直着陸) タイプ。
F-35B、USS Wasp(LHD-1)で艦上運用試験実施
F-35B Performs First Landing at Sea

運用試験は、USS Wasp (LHD-1) :強襲揚陸艦 ワスプ で2週間に渡っておこなわれるとしている。なお海兵隊では、不測の事態に備えた予備日程として6週間を確保しているが、試験は順調に進むとしている。

Defense Update 2011/10/04
DefenseNews 2011/9/29

過去の「F-35」関連記事:
米空軍、2機のF-35A戦闘機が正式服役へ
米空軍、戦闘機F-35AライトニングⅡを正式配備
F35B(BF-4)がシステム搭載機として初のSTOVL飛行
F-35B(BF-5)、NAS/JRBで試験飛行を実施
米軍、国防費の見直し計画を発表
海兵隊仕様の次世代戦闘機 F-35垂直着陸に成功


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop