NEWS

ロシアIzhmash、最新のカラシニコフライフルAK-12発表

海外軍事 Comments(0)
ロシア銃器製造メーカー Izhmash は、今までロシアに無かった人間工学的設計で、更に戦術的に柔軟な運用を可能にする新しいカラシニコフライフル "AK-12" のプロトタイプを発表した。
ロシアIzhmash、最新のカラシニコフライフルAK-12発表
AK-12アサルトライフルは、従来型のAK (AKM / AK-74) と比べて、機構的に 20箇所にも及ぶ改良が施され、使用カートリッジは最小 5.45 x 39 mm (従来のAK-74用) から 7.62 x 51 mm (NATO弾) まで、様々な口径をカバーする事が可能としている。ライフルの状態試験は 2012年末にも開始されると目されている。

Izhmash によると、AK-12 は、左右どちらの手でもコントロールしやすいデザインに加え、NATO標準レイル規格でフラッシュライトやグレネードランチャー、グリップなどが装着可能とし、セミ・フルオートと、3バースト機構をも搭載するという。従来のカラシニコフシステムの優れた部分を継承しつつ、現代の戦闘に対応するべく改良されており、シンプルで信頼性がありさらに低コストを実現するとしている。

RIA Novosti 2012/01/26


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
 米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了 (2019-05-17 19:44)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop