NEWS

QNA、音響式狙撃探知システムEarsプロモ映像公開

海外軍事 Comments(0)
QNA、音響式狙撃探知システムEarsプロモ映像公開
米 QinetiQ North America 社は、かねてより開発している 音響式狙撃探知システム・Ears ファミリー FSS (Fixed Site System) のプロモーション映像を公開。Ears FSS では、監視施設などの外部に設置するセンサーを電源に繋げる 10分 程度の簡単な組み立てをおこない、ディスプレイ用の PDA (Personal Digital Assistance:携帯端末) に接続することでセット完了。

Ears システムは、敵勢力からの銃撃を感知し、1秒 以内で「400メートル先、3時の方向」のように、射撃手の居る大よその位置を知らせてくれる、としている。攻撃を受けた兵士がその場で反撃する際の好材料とするだけでなく、司令部へ報告し UAV (Unmanned Aerial Vehicle:無人航空機) を現地へ向かわせるといったネットワークの活用も想定している。

同社の Ears ファミリーには FSS の他に、兵士携行モデルの Ears SWATS (Shoulder-Worn Acoustic Targeting System) や 車輌搭載モデルの Ears VMS (Vehicle Mounted System) がある。

QinetiQNA 2012/03/26
Ears Gunshot Localization Systems / QinetiQ North America


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop