NEWS

SEALsの射撃訓練施設からイスラム女性のターゲットを撤去

海外軍事 Comments(0)
米海軍特殊部隊 SEALs の射撃訓練施設 "Kill House" で使われる、スカーフを頭に被ったイスラム教徒の女性をイメージしたターゲットの使用が禁止となる。
これは先日ミリブロNewsでも紹介した Fort Story に新設される SEAL の CQC (Close Quaters Combat) 戦闘訓練施設の一報が Virginian Pilot で報じられた際に紹介された 1枚の写真がことの発端となる。ワシントンを拠点にする CAIR (Council on American-Islamic Relations : 米・イスラム関係評議会) がペンタゴンに対してターゲットの撤去を求めたことによるもの、と報じられている。
SEALの戦闘訓練施設がバージニアビーチに新設

一方では、SEALs が置かれる特殊な任務の環境からも、民間人に紛れた潜在的な敵脅威の排除を一瞬の違いで見極める必要性がある中で、この手のターゲットを使った訓練の重要性を指摘する声も挙げられている。

Virginian Pilot 2012/06/30
Russia Today 2012/07/04
Daily News America 2012/07/03
Photo : A movable paper target is on display at the new close quarters combat training range at Joint Base Fort Story in Virginia Beach. Photo taken on Monday, June 25, 2012. (Hyunsoo Leo Kim | The Virginian-Pilot)


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop