NEWS

イスラエル企業、TAVORを基に未来型志向モデルを開発

海外軍事 Comments(0)
6/11-15 にフランス・パリで開催された 2012 Eurosatory Exhibition の席で、イスラエル企業 Versia Military Design は、M-16 / Galil に代わって設計されたイスラエル初の国産アサルトライフルで Bullpup (ブルパップ) 構造が特徴的な "TAVOR" をベースに、ひとひねり加えた未来志向の新型コンセプト "Meron" を発表。

IsraelDefense によると、新型ライフルのデザインは独立した計画として進行しており、人間工学に基づいた設計で、利き腕に関係無くスムーズな操作が可能。銃本体はポリマー樹脂 / アルミニウム で構成、使用する弾薬は 5.56mm となり、4面 に Picatinny を持つことから各種光学機器などアタッチメント拡張にも幅広く対応可能としている。
同社では M16 / SCAR といったアサルトライフルとも対抗できるレベルへ持ち込みたい考え。

"Meron" はイスラエル北部にある山の名前で、ユダヤ教の宗教的伝統において特別な存在を示す。

IsraelDefense 2012/08/17
Image from Versia Military Design


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop