NEWS

英国SAS/SBSがシリアの生物化学兵器狩りを開始?

海外軍事 Comments(0)
英国SAS/SBSがシリアの生物化学兵器狩りを開始?Aleppo での攻防など激化の様相となるシリアの内戦において、アサド政権による生物化学兵器の使用が懸念される中、先週 中東の基地で米国を中心に、エリート部隊がシリアの持つ「悪の兵器」を押収すべく準備が進められているの報道がなされた。西側情報筋が 23日 に報じたところによると、米国の特殊部隊を乗せる C-130輸送機 がイスラエルとヨルダンの基地で目撃されている。その他にも先週、海外メディアではイギリス、フランスのエリート部隊も同様にシリア国内で生物化学兵器の押収作戦に準備していると報じた。

その中、英国 Daily Star が 26日付けで報じたところによると、英国は SAS (Special Air Service : 陸軍特殊空挺部隊) と SBS (Special Boat Service : 海兵隊特殊舟艇隊) 200名 近くで構成する部隊をアサド政権が持つとされる大量殺戮兵器 (生物化学兵器) 狩りの為、シリア周辺地域または同国内に配備、と掲載。SAS / SBS は、MI6 や 米国 CIA 随伴の他、米・仏の軍の兵士らとも共に活動している、とのこと。

DEBKAfile 2012/08/23
Daily Star 2012/08/26
Photo via Iran Press TV.
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop