NEWS

米海軍特殊部隊 SEALs は洋上作戦のルーツへ回帰する

海外軍事 Comments(0)
この10年で 2つ の陸地での戦争を経験した米海軍特殊部隊 SEALs。
NSW (Naval Special Warfare : 海軍特殊戦) の Travis Schweizer 大尉は、彼らの「エラ」は乾き切ったものになっている、と語るも、米軍の戦局は「太平洋」に向かい、再び彼らは「ウェットな状態」に戻ることになるだろうと、語った。
現在、SEALs はほぼ全ての大陸に駐留し、前線での展開、訓練を含めて 70% ほどを陸地で過ごしている。2003年以来、特殊作戦の需要が高まる中で、SEALs の稼働率が非常に高い水準となっている。
SEALs では、人材以外にも新技術の導入計画を積極的に進める、としており、その最優先事項としては、戦術用偵察無人機 Scan Eagle の代替が掲げられている。イラク・アフガンの戦争で大きな実績を挙げたこの戦術用無人機は、より大きなペイロードの獲得により、更に多くのシーンで活躍が期待されている。現在保有する 108機 の Scan Eagle は維持され、NSW では更に追加で 25機 の STUAS (Small Tactical UAS) の調達を希望している。また、Mark VI パトロール舟艇をはじめとした様々な舟艇や、ヘリコプターでのアプローチを可能とする洋上基地 (AFSB : Afloat Forward Staging Base) の手配も待たれており、現在 4つ の AFSB が建設中とのこと。こうした新たな対策は、精密誘導ミサイルで武装した潜在的な敵勢力への「アクセス」を狙ったものと位置付けている。

National Defense Magazine 2012/09/13
U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Meranda Keller/Released
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop