米国特殊作戦軍向け次世代狙撃銃コンペにFN社が参入へ

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
海外の銃器専門情報ブログとして著名な "The Firearm Blog" によると、FNH USA の PSR (Precision Sniper Rifle : 精密スナイパーライフル) が USSOCOM (U.S. Special Operations : 米国特殊作戦軍) の掲げるコンペに参入すると報じた。

FN 社からの提案は、射手が、ボルトヘッド、バレル、マガジンを交換する僅かな作業で、.308、.300ウインチェスターマグナム、.338 ラプアマグナム弾 へと変わるマルチキャリバー仕様となり、U.S. Optics 製の高倍率スコープが搭載される模様。また、フォールディングストック式 (折り畳み式銃床) で、ボルトセイフティ、ファイリングピンブロック、グリップセイフティと、3つ のセイフティ機構とのこと。その他に、サプレッサーには射撃時に発生する熱と陽炎の軽減を狙って、ラバーコーティーングを施す、ともしている。

The Firearm Blog 2012/09/21
Photo from The Firearm Blog


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
 大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン (2018-10-19 19:09)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop