NEWS

中国、沖縄県・尖閣諸島海域での偵察活動にUAVを投入へ

海外軍事 Comments(0)
中国、沖縄県・尖閣諸島海域での偵察活動にUAVを投入へ中国が沖縄県の尖閣諸島 (Senkakus) 海域へ、UAV (Unmanned Aerial Vehicle : 無人航空機) での偵察を開始する。
中国国営通信 Xinhua News Agency (新華社通信) の報道によると、中国国家海洋局 (State Oceanic Administration) は、江蘇省でおこなった UAV の遠隔観測検査を合格した、とのこと。最新のリモートセンシング技術を搭載した UAV の投入により、偵察衛星よりも鮮明なイメージ情報を 16時間 に渡って送信することができる、としている。

ChinaNet 2012/09/24
Associated Press 2012/09/24
Photo from Chinese Internet, the first picture of Chinese homegrown unmanned aerial reconnaissance vehicle "Xianglong".
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米連邦事業機会の調達公告ネットサービス「FedBizOpps」が終了し『SAM.gov』にリプレイス
ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か
ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入
米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開
Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開
ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米連邦事業機会の調達公告ネットサービス「FedBizOpps」が終了し『SAM.gov』にリプレイス (2019-11-13 15:49)
 ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か (2019-11-11 13:58)
 ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入 (2019-11-08 11:21)
 米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開 (2019-11-07 10:40)
 Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開 (2019-11-07 10:20)
 ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入 (2019-11-01 15:20)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop