NEWS

韓国 KAI、長距離を精密に攻撃する自爆型UAVを開発

海外軍事 Comments(0)
韓国航空宇宙産業 KAI (Korea Aerospace Industries Ltd.) は、新たに長距離誘導の精密攻撃兵器 "Devil Killer" を開発。Devil Killer は「自爆型の UAV (Unmanned Aerial Vehicle : 無人航空機)」で、映像カメラや最先端ナビゲーション、高性能爆薬を搭載、上空を遊弋 (ゆうよく) し、ターゲットを捕捉後に自ら突っ込む攻撃がおこなえる。重量 25kg、全長 1.5m、全幅 1.3m。電気モーター駆動で飛行し、最高速度は 350-400km/h。
朝鮮中央日報によると「北朝鮮長射程砲を打撃する武器」として紹介している。
爆薬の搭載能力 (payload) と持久性能、攻撃範囲の具体的な数値はそれぞれ機密とのこと。ターゲット捕捉時の攻撃は、手動/自動の切り替えが可能で、ターゲットが特定されない場合は、回収して再利用できる。
KAI では、韓国国防省への売り込みの他に、海外市場も視野に入れている。

Flightglobal 2012/09/28
Unmanned 2012/09/28
Korea JoongAng Daily 2012/09/14
Devil Killer mock missile with a visible-powered fan and a camera in the nose of the fuselage / Photo: KAI via Altair Agencja Lotnicza


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』
米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画
インドがパキスタンに対抗し「ベレッタ」と「バレット」製の長距離スナイパーライフルを緊急調達
L3テクノロジーズ社の『地上全景暗視ゴーグル(GPNVG)』が「国際スパイ博物館」のイノベーション賞を獲得
ポーランド警察がスロベニア「アレックス社」製の新型ピストル『REX Zero 1 CP』×965挺を受領
アフリカ・ガーナの「カンタンカ・グループ」が『装甲強化外骨格』を展示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』 (2019-01-17 11:21)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画 (2019-01-16 12:48)
 インドがパキスタンに対抗し「ベレッタ」と「バレット」製の長距離スナイパーライフルを緊急調達 (2019-01-15 13:39)
 L3テクノロジーズ社の『地上全景暗視ゴーグル(GPNVG)』が「国際スパイ博物館」のイノベーション賞を獲得 (2019-01-11 17:51)
 ポーランド警察がスロベニア「アレックス社」製の新型ピストル『REX Zero 1 CP』×965挺を受領 (2019-01-10 16:15)
 アフリカ・ガーナの「カンタンカ・グループ」が『装甲強化外骨格』を展示 (2019-01-09 16:23)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop