NEWS

韓国 KAI、長距離を精密に攻撃する自爆型UAVを開発

海外軍事 Comments(0)
韓国 KAI、長距離を精密に攻撃する自爆型UAVを開発韓国航空宇宙産業 KAI (Korea Aerospace Industries Ltd.) は、新たに長距離誘導の精密攻撃兵器 "Devil Killer" を開発。Devil Killer は「自爆型の UAV (Unmanned Aerial Vehicle : 無人航空機)」で、映像カメラや最先端ナビゲーション、高性能爆薬を搭載、上空を遊弋 (ゆうよく) し、ターゲットを捕捉後に自ら突っ込む攻撃がおこなえる。重量 25kg、全長 1.5m、全幅 1.3m。電気モーター駆動で飛行し、最高速度は 350-400km/h。
朝鮮中央日報によると「北朝鮮長射程砲を打撃する武器」として紹介している。
爆薬の搭載能力 (payload) と持久性能、攻撃範囲の具体的な数値はそれぞれ機密とのこと。ターゲット捕捉時の攻撃は、手動/自動の切り替えが可能で、ターゲットが特定されない場合は、回収して再利用できる。
KAI では、韓国国防省への売り込みの他に、海外市場も視野に入れている。

Flightglobal 2012/09/28
Unmanned 2012/09/28
Korea JoongAng Daily 2012/09/14
Devil Killer mock missile with a visible-powered fan and a camera in the nose of the fuselage / Photo: KAI via Altair Agencja Lotnicza


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲
被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに
ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否
米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達
米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中
米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲 (2019-07-19 17:06)
 被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに (2019-07-18 20:32)
 ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否 (2019-07-18 12:35)
 米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達 (2019-07-18 11:21)
 米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中 (2019-07-16 17:47)
 米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像 (2019-07-12 16:02)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop