NEWS

FNH製 RWSがRenaultとStreitの車両に採用

海外軍事 Comments(0)
Renault Trucks Defense と Streit が、FN Herstal 製の RWS (Remote Weapon Station)・deFNder の採用を決めた。deFNder を装備した両社の車両は、2013/2/17-21 にかけて Abu Dhabi で開催する IDEX 2013 展示会に出展の予定。
Renault Trucks Defense は FN MAG 機関銃付きの deFNder Light を Sherpa SW に搭載、Streit は FN M3R 機関銃付きの deFNder Medium を Scorpion 4x4 に搭載する。
deFNder は中・軽量級の車両に搭載する狙いで開発した RWS で、市街戦や不正規戦での使用を想定して独自の先回俯仰機構を取り入れたとしている。Light は 5.56mm~7.62mm の機関銃を、Medium はさらに 40mm 擲弾発射器や 12.7mm 機関銃 FN M3R を装備可能。また、同じ通信プロトコルで各種デバイスを接続できる Renault Trucks Defense の Battlenet コンセプトを取り入れた。

FN Herstal 2013/02/07

過去の「Remote Weapon Station」関連記事:
遠隔操作式銃架を搭載した無人水上航走体「DragonSpy」
米陸軍、M153 CROWSの累計生産が1万基突破を発表


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop