NEWS

ビン・ラディン殺害現場近くに一大レジャー施設の建設計画

海外軍事 Comments(0)
AP 通信によると、パキスタン当局の計画として、国際テロ組織 al-Qaeda 指導者 Osama Bin Laden 容疑者が潜伏し、米海軍特殊部隊 ST6 (Seals Team 6, a.k.a. DevGru) によって殺害された Abbottabad の現場から僅かな距離に、一大アミューズメント施設の建設が予定されている。この 3 月にも総工費 5,000 万ドルの資金が投じられ着工する予定。「Bin Laden の潜伏地」として悪化した街のイメージ回復につなげたい考え。New York Daily News の取材に対して、パキスタン Khyber Pakhtunkhwa 州の Syed Aqil Shah スポーツ観光大臣は、「この計画自体は Osama Bin Laden との関連性は一切無い」と話した。施設には米国のアミューズメント施設と同様に、動物園やプール付のスポーツ施設などが完備されるとのこと。この一大レジャー施設の建設に当たって、当初は 50 エーカー程度の規模で着工されるが、追って 500 エーカー規模にまで拡大される予定。

Christian Post 2013/02/05
New York Daily News 2013/02/04


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop